ゲームを楽しみながらもコツコツ稼ぐ?それが可能な3つの方法

ゲームを楽しみながらもコツコツ稼ぐ?それが可能な3つの方法

「ゲームで稼ぐ=リスクが高い」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。しかし、大好きなゲームをスキルに変えて、コツコツと稼げる方法があるのをご存知でしょうか。その代表的なものが、ポイントサイトのミニゲームや換金可能なオンラインゲームです。そのほかにも、ゲームが上手になると稼ぐことができる方法があります。リスクを低く抑えながらも、スキマ時間でゲームを楽しみながらできるお小遣い稼ぎの方法を、3つご紹介します。

ゲームを楽しみつつ稼ぐ3つの方法とそのメリット・デメリット

ゲームを楽しみながらポイントなどを貯めていく、稼いでいくという方法には3つあります。ポイントサイトとオンラインゲーム、スキルシェアです。その具体的な方法やそれぞれのメリット、デメリットをお伝えします。

●ゲームで稼ぐ3つの方法とは

・ポイントサイトで稼ぐ方法

ポイントサイト内の会員だけが遊べるミニゲームでポイントを獲得したり、増やしたりして、ギフト券などに交換する方法です。

・オンラインゲームで稼ぐ方法

オンラインゲームの中でも、ゲーム内通貨を現金に交換できるものがあります。こうしたゲームで通貨を貯めて稼ぐという方法です。

・スキルシェアで稼ぐ方法

スキルシェアサイトに会員登録し、そこで自分のスキルを商品として売りに出します。ゲームに関するスキルやサービスを買ってもらうことで稼ぐ方法です。

●<番外編>ゲームで稼ぐ、そのほかの方法

ご紹介した方法以外にもゲームで稼ぐ方法があります。人気ゲームのプレイ動画を動画サイトにアップしたり、ゲーム攻略法のサイトを運営したりして広告収入を得る方法や、ゲーム感覚でデータ入力をする仕事です。人気ゲームのプレイ動画や攻略サイトは求められるレベルが高く、そうそうできるものではありません。その一方で、ゲーム感覚で行うデータ入力は、比較的簡単で挑戦しやすいといえます。

●ゲームで稼ぐことのメリット

ゲームで稼ぐことのメリットは、何といっても自分の好きなことでお金が稼げるということでしょう。新しいゲームや人気ゲームなどを試し、そのゲームについての知識や経験が増えれば、それがさらにお金を稼ぐ手段になりえます。在宅でできるというのも大きなメリットのひとつです。

●ゲームで稼ぐことのデメリット

ゲームに夢中になってしまうと、ついつい時間を忘れてしまうというのがデメリットのひとつです。普段の生活に影響が出てしまわないように、ゲームをする時間を決めておきましょう。ゲームアプリそのものが有料の場合や、ゲームアプリは無料でも、ゲーム内で課金が発生するものがあります。収入より支出が多くならないように、課金項目をチェックしておくことをおすすめします。ゲームで稼ぐはずが、稼ぐ以上のお金を使ってしまうといったことがないように気を付けましょう。

【ポイントサイト】ミニゲームでコツコツとポイントを貯めて換金

モッピーやポイントタウン、げん玉 などに代表されるポイントサイトでは、獲得したポイントを増やすミニゲームを用意していることが多く、サイト内で貯めたポイントをギフト券などに交換することができます。

●ミニゲームの種類

クイズやクロスワード、ナンプレなどの頭脳系や、すごろく、RPGなどのシミュレーション系、ルーレットやスロットなどのカジノ系と、ミニゲームにはいろいろな種類がありますので、好きなものを選ぶとよいでしょう。難易度の高いミッションをクリアすると、ボーナスポイントが付与されるというサービスもあります。

●換金レートや手数料など

自分のポイントがいつ、どのようなタイミングで交換できるのかは、ポイントサイトによって異なるため確認しておきましょう。1ポイントが何円に換算かという換金レートや、最低何ポイントから交換可能かという最低換金額、ポイントを交換する際の手数料をチェックしておくことをおすすめします。

●ポイントサイトでポイントが稼げる理由

ポイントサイト内のミニゲームで増やせるポイントは、あまり多くはないので、もっと稼ぎたいと思ったときには、広告視聴や会員登録、アプリのダウンロードなどを行うことで大量に獲得できる傾向があります。企業にとっては集客につながるため、ミニゲームと比較すると何倍、何十倍というポイントが付与されるのが魅力です。

【オンラインゲーム】ゲームで遊んでリアルマネーをゲット

ゲームで遊んで、その結果をお金に変える方法もあります。ゲーム内で流通する通貨を換金できるオンラインゲームを利用する方法です。

●ゲーム内通貨を換金できるオンラインゲーム

ゲーム内通貨を換金できるオンラインゲームの代表格は、DORAKENです。ゲーム内で使われる通貨「ゴールド」を、アカウント登録やモンスターバトル、ユーザー同士の対戦、友達紹介、上位へのランクインなどで貯めると、10ゴールド=1円で換金することができます。換金できる額まで貯めるには、相応の時間がかかります。

●<番外編>人気ゲームの攻略法などをネット上で公開し、広告収入を得る

番外編としてご紹介するのが、人気ゲームの達人になって攻略法や裏ワザなどをサイトや動画で公開し、広告収入を得るという方法です。しかし、誰の目からみても納得されるゲームレベルになっている必要があり、サイト訪問者を飽きさせない頻度でコンテンツをアップする必要もあるため、こちらは難易度が高いといえるでしょう。

【スキルシェア】ゲームのスキルを活かしてお小遣いを稼ぐ

ゲームの達人になれるのは、ごく一部の人のみですが、そこまでならなくても、ゲームのスキルで稼ぐ方法があります。それがスキルシェアです。スキルシェアサイトに登録し、自分のスキルを買ってくれる人を募集します。

●スキルシェアサイトでは自分のスキルが商品になる

スキルシェアサービスとは、自分の得意なことを商品化し、収入を得るためのサイトを運営するサービスのことです。「ゲームのやり方を教えます」「ゲームの対戦相手になります」「ゲームを代行します」などの商品があり、サイトで商品の購入者募集をします。

●迷うなら総合的なスキルシェアサイトを選ぼう

スキマ時間を使って副収入を得るという動きが加速しているため、スキルシェアサイトはたくさんあります。取り扱い分野や登録会員数、利用実績などを基準に、登録するサイトを選ぶとよいでしょう。ランサーズストア やCoconalaは取り扱い分野が広く、TIME TICKETは30分という時間をチケットとして売買します。

ゲームで稼げる仕組みを理解して楽しみながら少しずつ稼いでいこう

ゲームを利用した稼ぎ方は、たくさん稼ごうと思うとそれに応じた行動やスキルが求められます。しかし、スキマ時間を使って楽しみながら少しずつでも稼ぐことができるとしたら、ゲームというストレス解消方法がお金にもなり、一石二鳥です。

また、番外編で紹介した、「ゲームのスキルが高くなくても、ゲーム感覚でできる仕事」が、dジョブスマホワークにあります。それが、スマホでもPCでも自分の得意なほうで取り組める、名刺のデータ入力の仕事です。

入力画面

名刺に記載されている文字を見たままに入力します。

名刺のデータ入力のお仕事をみてみる

カテゴリー: 働き たい 時 だけ 働く バイト | タグ: | コメントする

DTPオペレーターとは?仕事内容からやりがいまで徹底解説!

DTPオペレーターとは?仕事内容からやりがいまで徹底解説!

 DTPという言葉を聞いたことがあるでしょうか。DTPとは、「Desktop Publishing」の略称で、パソコンで印刷物を作成することを意味しています。現在世に出回っている印刷物は全てDTPによって作られているといっても過言ではありません。
DTPを支える職種としては、DTPオペレーターやDTPデザイナーが存在します。その職種、役割、周辺の情報をまとめましたので将来DTPオペレーターになりたい方や、DTP業界に就職を考えている方にとっては必見です。

DTPオペレーターってどんなお仕事?

●「DTP」とは?
「DTP」とはデスクトップパブリッシング「Desktop Publishing」の略称です。パソコン1台で印刷物を作成するための一連の作業を行うことを意味しています。

「DTP」以前には、デザインから版下、製版まで各プロセスの分業となっていましたが、現在ではパソコンを使いデジタルデータで製版まで対応しています。場合によっては印刷まで一気に行うことも可能です。

パソコン上でレイアウトから文字の入力、フォントの設定、画像の取り込み、カラーの選択まで作業できるのが「DTP」の特徴といえます。かつては複数の専門家が分担して行っていた作業も、いまや一人あるいは一台のパソコンで全て作成することができます。「DTP」に関わる職業としては「DTPオペレーター」と「DTPデザイナー」に分れる場合があります。

では、「DTPオペレーター」と「DTPデザイナー」は何が違うのでしょうか。

●「DTPオペレーター」と「DTPデザイナー」の違い
「DTPデザイナー」の役割は、チラシや広告など、印刷物に関してデザインを行うことです。デザインにはレイアウト、カラー、形状、フォント、イラストや写真の選定など、印刷物全体の作成が含まれます。

対して、「DTPオペレーター」の役割は文字詰め禁則処理やレイアウト調整を行い、プリント出力できる形に仕上げることです。またはデザイナーが作成したデザインをDTPデータに変換・作成することもあります。

なお、両方の業務をこなす人も少なくありません。デザインが得意なオペレーターであれば、両者の作業を同時にこなすこともできます。

 

DTPオペレーターの仕事内容は?

次にDTPオペレーターの業務を細かくみていきましょう。

●デザイン作成・編集
クライアントの指示や要望に沿ってデザイン作成を行います。また、書籍・雑誌やリーフレットなどであれば編集という作業にも関わります。

●入稿管理・チェック
文字ベースの原稿をDTPデータとして入力する作業を行いますが、その前段階として、入稿された原稿のチェックが欠かせません。また、その進捗や修正内容の確認、手配などの管理も必要です。

●データ入力・管理
入稿された原稿をDTPルールに従って入力していきます。

●記事校正
入力したデータを校正します。DTPオペレーターのメイン業務ではありませんが、DTPの業務では非常に大切な業務の一つであり、DTPオペレーターがこの作業を担う場合もあります。

●社内外資料作成
広告でも印刷でも、クライアントや協力会社との連携は必要です。打合せや全体会議では資料を用意しますし、報告書の作成もあります。オペレーターの立場からこれらの作業を行うこともあります。

●進行管理・調整
これもオペレーターのメイン業務仕事ではありませんが、実際には少人数での案件であれば兼任することもあります。案件がスムーズに進むためには進行管理がしっかりしている必要があります。

その他にも、外注選定・手配、受注受付対応、検査サポートなど、案件や所属する会社の規模によって様々な業務を兼任するケースもあります。

DTPオペレーターはどんな環境で働くの?

●勤務先
DTPオペレーターの勤務先にはどのようなところがあるのでしょうか。まずはデザイン事務所や編集プロダクション、印刷会社などが挙げられます。大きな企業では業種に関わらず、DTPオペレーターを含む専門スタッフを採用しているところもあります。例えば広告代理店ではデザイナーとオペレーターを雇用していますし、スーパーマーケットなどでもチラシの作成のためにDTPの部門を持っているところもあります。また、DTPオペレーターは実績を重ねた後に独立してフリーランスとして働いている方も多く、在宅ワーカーとして活躍しているオペレーターも多くみられます。

●勤務時間
DTP業界は比較的業務時間が多い傾向にありますが、業務の範囲や会社の規模によっても違いがあります。例えばデザイン事務所や編集プロダクションで働く場合、デザインから対応していると時間がかかりますが、オペレーター専任でスケジュールが決まっている場合は残業が少ないといえます。一般的には10時~19時ごろに働くケースが多いようですが、やはり納期前は残業が増える傾向にあります。

●給料
気になる月給・時給や年収ですが、平均的には一般企業の会社員よりはやや低めといわれています。デザインまで対応できる経験がある場合は、デザイナーとして優遇されますので、給与額も変わってきます。またフリーランスになれば仕事量や品質によって報酬も変わってきます。良い取引先を見つけることが出来れば、諸条件で金額は大きく違ってきます。

DTPオペレーターのやりがいは?

では、DTPオペレーターのやりがいはどんなところにあるのでしょうか。

●多くの人たちの目に触れるものを手掛けることができる
クリエイティブ業界ならではの達成感を感じる瞬間が、この仕事の醍醐味かもしれません。例えば自分が手掛けた書籍や雑誌が店頭に並び、それを手にした時は喜びもひとしおではないでしょうか。また、ポスターを街中で見かけた時、手掛けた制作物が思わぬ反響を呼んだ、掲載された商品の売上が上がったなどに、やりがいを感じる時があるようです。

●将来的にキャリアアップが見込める
DTPオペレーターに専任する人も多いのですが、この職種からステップアップし、より上流の工程に進む人も多いです。例えば、グラフィックデザイナー、出版社のエディター、クリエイティブディレクターなどです。DTPの基礎知識とキャリアをベースに、よりクリエイティブワークに進出することができます。

●手に職がつく
DTPオペレーターでは専門性の強いDTPソフトを使いこなせなければなりません。それは同時に手に職をつけることになります。現在もDTPオペレーターの求人情報は数多く、こうしたスキルはきっと役立つことでしょう。

DTPオペレーターになるにはどうしたらいいの?

次にDTPオペレーターになる方法をみてみましょう。

●必要な資格はなし
意外にも国家資格などの必須資格はありませんが、関連する資格はあります。DTPエキスパートやDTP検定などです。ただし就業に際しては、これらの取得は必須ではありません。
とはいえ、保持していると給与面で違いがある場合もあり、転職などでも有利になる場合があります。

●DTPソフトのスキルが必須
DTPオペレーターやデザイナーにとっては資格や学歴以上にスキルが大切といえます。デザイン系の大学や専門学校などで学んでいると、デザインの基礎知識からIllustrator やPhotoshop などDTPソフトを使うので、スキルも磨かれます。また印刷に関する基礎知識も必須です。

●DTPオペレーターに向いている人の特徴
DTPはどちらかというとコツコツと積み上げていく作業の連続です。その点でこの業種に向いているのは、コツコツとした作業が苦にならない人でしょう。一日中パソコンの前で仕事をするのが好きな人向きです。

また、クリエイティブな仕事に携わりたいと考えている人も有望です。デザイン的な感性も必要ですが、一方でDTPは、世の中に公開する作品を作る仕事なので、一文字の誤植も1ミリのズレも許されません。完璧主義者、あるいは緻密な作業が得意だと、この仕事では歓迎されるでしょう。

DTPはコンピューターを相手にする作業ですが、しかしクライアントや協力会社とチームで進める仕事でもあります。その点でコミュニケーション能力や、クライアントの意図を正確に把握できる理解力も必要です。ディレクターやデザイナーとの連携が大切なので、コミュニケーション能力は必須だといえるでしょう。

在宅ワークにおすすめ!

DTPに関する業務は在宅ワークにも大変なじみやすく、女性の就業比率も高いことが大きな特徴のひとつです。出産や育児、介護などと仕事との両立を考える方にとって、DTPオペレーターは魅力的な職種の一つといえるでしょう。

カテゴリー: 働き たい 時 だけ 働く バイト | タグ: | コメントする

一人暮らしにはいくらぐらいかかるの?|費用の相場とムダな出費を抑えるポイントを徹底解説!

一人暮らしにはいくらぐらいかかるの?|費用の相場とムダな出費を抑えるポイントを徹底解説!

大学への進学や就職を機に一人暮らしをスタートするという方は多いことでしょう。一人暮らしでは、炊事・洗濯などの家事だけでなく、お金の管理も自身で行わなければなりませんが、それまでの家族との生活でお金のやりくりに気をかけたことがない方にとって、そのことは容易ではありません。

ここでは一人暮らしをはじめるにあたって必要となる費用や、実際に一人暮らしをはじめてから必要となる費用の内訳と、それらの費用を節約するおすすめの方法をご紹介します。

一人暮らしをはじめるのに最初にかかる費用は?

最初に一人暮らしをはじめるのにかかる費用について解説します。この費用は「アパートやマンションなどの賃貸契約に関する費用」「アパートやマンションなどへの入居時にかかる費用」の2種類に分類することができます。

●アパートやマンションなどの賃貸契約に関する費用
一人暮らしをはじめるにあたって最初に行わなければならないのが住居となる部屋の契約です。この際に必要となる費用を総じて「初期費用」と呼び、支払い先は大家と仲介を行う不動産会社となります。その主なものとしては以下のものが挙げられます。

・敷金
敷金は退去時の原状回復費用にあてることを目的として契約時に請求がされます。原則的に原状回復工事などを行ったあとに余った分は借主に返金されることとなっており、部屋の壁などに傷を付けないよう注意していれば返金される金額も多くなります。また、敷金は家賃の約1か月分が目安となっており、なかには2か月分以上の物件や、敷金がかからない物件なども存在します。

・礼金
部屋を契約する際にお礼の意味を込めて大家さんに支払うお金を礼金と呼びます。敷金とは違い礼金は退去後に返金されることがなく、その目安は敷金と同様に家賃の約1か月分となっています。また、礼金に関しても最近では無料となっている物件が多く存在します。

・仲介手数料
物件の案内や契約手続きを行った不動産会社に対しては仲介手数料を払うこととなります。この費用は家賃の約0.5か月分~1か月分+消費税が目安となっていますが、法律で上限は家賃の1か月分と決められているため、それ以上の出費が必要となることはありません。また、仲介手数料に関しても無料としている不動産会社は多数存在します。

・前家賃
家賃の約1か月分を目安とする前家賃を契約時に請求されるケースもあります。この費用は入居する月の家賃のことをさし、月の途中から入居する場合は日割り換算を行った額が請求されます。また、この費用は家賃の支払い能力の有無を確認することを目的とするケースもあり、不動産会社での契約時にその場で支払いを求められることもあります。

・管理費・共益費
家賃とは別にマンションやアパートの共用部分の管理に使用される管理費や共益費を毎月請求される場合もあります。そのため、上述した前家賃を契約時に支払う場合には、この管理費や共益費も同様に支払わなければなりません。

・火災保険料
賃貸契約を結ぶ際には不動産会社側が指定した保険会社の火災保険への加入が必須となることもあります。この費用はシングルで約1.5万円、カップル・ファミリーで約2万円程度が目安となっており、具体的な金額は保険会社ごとに異なります。また、火災保険への加入に際しては借主側で保険会社を選ぶことが可能となっているケースもありますが、その場合加入証明書の提示などの手間がかかるというデメリットもあります。

●アパートやマンションなどへの入居時にかかる費用
一人暮らしをはじめるにあたって、住居の契約を結んだあと、実際に入居するまでの間にもいくつかの費用がかかります。続いてはその主なものをご紹介します。

・引っ越し代
引っ越し代は時期や荷物の量、引っ越し先までの距離などによって大きく変化します。そのため具体的な金額は一概にはいえませんが、約1.5万円~約9万円が相場となっています。また、この金額は業者によっても大きく異なるため、複数の業者を比較したり相見積もりをしてください。見積もり時に金額を相談すると出費を抑えられる場合があります。

・家具・家電購入費
一人暮らしをはじめる際は冷蔵庫や洗濯機、テレビ、ベッドなどの家具・家電も必要となります。しかしながら、特に家電に関しては人によって重要度が異なり、冷蔵庫と洗濯機さえあれば大丈夫という人もいれば、テレビや電子レンジ、オーブントースターなども欲しいという人もいます。さまざまなケースが考えられるので、その相場は一概にはいえませんが、約10万円~20万円を目安として必要なものとそうでないものをリストアップしてみるのが一般的です。

・日用品購入費
引っ越し後すぐに問題なく生活を送るためには、生活用品、キッチン用品、お風呂場・洗面台用品、洗濯用品などの日用品一式も買いそろえておく必要があります。これらもまた人によって必要とするものは大きく異なるため一概にはいえませんが、特に薬などを常備しておきたい場合、この費用もまた高額になることが多く、その目安は約1.5万円~約2万円程度となります。

 

一人暮らしをはじめてからはいくら必要?

一人暮らしをしたことがない方のなかには、実際に一人暮らしでどれくらいの出費が生じるのかわからないという方も多いと思います。続いては、総務省が発表した「家計調査(2017年)単身世帯」にもとづいて、それらの出費の内訳について解説します。

●家賃
一人暮らしで利用するマンションやアパートとしては、民営借家、公営借家、給与住宅の3種類が挙げられます。ここでは最初にこれら3種類の住居で必要となる家賃の相場について解説します。

・民営借家
不動産会社で取り扱っているほとんどの賃貸は民営借家となっており、一人暮らしをはじめる多くの人はこのタイプの賃貸を利用します。総務省が発表した2017年度版の「家計調査 / 家計収支編 単身世帯」では、この単身世帯の場合の民営借家の家賃の平均は約46,570円となっており、不動産会社を利用して賃貸を探す際にはこの額を目安にするのがおすすめです。ただし、東京都内などでの単身向け賃貸の家賃相場はこの金額を大幅に上回っていることが多く、地域ごとの相場も考慮する必要があります。

・公営借家
各都道府県や市区町村、もしくは独立行政法人などによって運営されている公営借家は民営借家に比べて家賃が安いという特徴があります。そのため、家賃の平均額は約26,296円となっており、民営借家との違いもはっきりとしています。しかしながら、公営住宅のなかには収入条件が厳しめに設定されているものも多く、学生や収入が少ない新社会人の場合は入居が困難となるケースもあります。

・給与住宅
社会人の場合、会社から割り当てられた給与住宅で一人暮らしをはじめるというケースもあります。この場合の家賃は平均で約10,740円と突出して安い反面、必ずしもすべての会社が給与住宅を所有しているわけではないため、注意が必要です。また、給与住宅には寮や寄宿舎も含まれますが、この場合の家賃は約8,625円とさらに安くなっています。

●食費
2017年度における単身世帯の1か月あたりの食費の平均額は約39,649円となっています。また、このうち特に高額になりやすい外食費は約10,897円、同様に割高な惣菜などの調理食品の購入費は約6,563円となっており、食費全体に占める割合も大きいことから、できるだけ自炊をし、外食費や調理商品の購入費を抑えた方が食費全体を抑えられることがわかります。

一方で2017年度の野菜・海藻類の購入費は約3,565円となっており、この金額は肉類の購入費の約1,956円や魚介類の購入費の約2,222円を大きく上回っています。しかしながら、2017年度は特に冬期に天候不順による野菜価格の高騰が顕著になった事から、野菜・海藻類、肉類、魚介類の購入費はほぼ同等と考えておくとよいでしょう。

●日用生活品購入費
家賃を除く住居費としては洗剤などの消耗品や、家具、寝具、食器類などの耐久財や雑貨の購入費が該当し、1か月あたりの平均金額は約5,044円となっています。また、これらの費用は一人暮らしをはじめたばかりの頃はあまりかからないのに対し、数カ月が経過した頃からは徐々に消耗品がなくなりはじめるだけでなく、耐久財に該当する家具などもいずれは買い替えなければならなくなる時期が来ることから、毎月の住居費に当てる予算は十分に確保しておかなければなりません。

●光熱・水道費
2017年度の単身世帯における光熱・水道費の平均額は約11,380円となっています。この内訳は、電気代が約5,392円、ガス代が約3,080円、上下水道代が約2,189円、その他の光熱費が約719円となっています。

●通信費
スマートフォンやインターネットを使用する上で必要となる通信費もまた毎月の支払いが発生します。2017年度の単身世帯における通信費の平均額は約6,612円となっており、この点に関しても十分な予算を確保しておかなければなりません。

  • 被服費(ここでは洋服・靴代)に関しても支出に占める割合は決して少なくありません。この平均額は1か月あたり5,661円となっていますが、服に関しては最低限のものがあればよいという人から常に流行のものを身につけていたいという人まで、その嗜好はさまざまであるため、自身に合った予算を確保しておくのがよいでしょう。

一人暮らしの費用を節約するためのアイデア

上述した総務省発表の「家計調査(2017年)単身世帯」において、単身世帯における1か月あたりの総消費支出額の平均は約161,623円となっており、そのことからも一人暮らしにおけるお金のやりくりは決して容易なことではないことがわかります。

続いては一人暮らしにおいて有効な、家賃や生活費などの各費用を節約するためのアイデアをご紹介します。

●賃貸契約や家賃にかかる費用の抑え方
一人暮らしにおいて大きな金銭的負担となるのが、賃貸を契約する際に発生する初期費用と月々の家賃です。そのため、大前提として家賃の安い物件を探す必要があり、また、その際には千円単位で予算を決め、それに合った物件を吟味する必要もあります。

一方でなかなか予算に合った物件を見つけることができないという場合は、物件選びの条件を多少譲歩するという方法もあります。特に人気エリア、駅近、オートロックなどの好条件がそろった物件は一様に家賃が高額になりやすいという特徴があるため、それらのいずれかで妥協をすれば予算に合った家賃が設定された物件も見つけやすくなります。

また、最近では賃貸契約を結ぶ際に発生する敷金・礼金・仲介手数料を不要としている物件も多く存在します。このような物件は、賃貸情報を掲載しているサイトで条件を設定して検索をすれば簡単に見つけることができるため、できるだけ初期費用を抑えたいという方におすすめです。ただし、特に敷金が不要な物件は退去時に室内のクリーニング代や鍵の交換費として数万円が例外なく請求されるケースも多いため注意が必要です。

これらに加え、一人暮らしをはじめる場合は引っ越し代としても数万円の出費が必要となります。特に一人暮らしをはじめる人が多い3月頃はどこの引っ越し業者も引っ越し料金を高く設定していることが多く、ほかの時期に比べて出費がかさむことも少なくありません。そのため、閑散期にあたる5~12月に引っ越しを行うと引っ越し代は安く済ませることが可能です。また、荷造りや運送を業者に頼まず自力で行えば大幅に費用を削減できるため、時間に余裕があればこの方法も検討してみるのがおすすめです。

一方で業者に引っ越しを依頼する際には見積もりを行ってもらうこととなりますが、この見積もりを複数の業者に依頼し、値段の交渉を行う方もいます。。特に3月の繁忙期は引っ越し業者にとっても書き入れ時となっているため、より多くの案件を獲得するためにギリギリまで引っ越し料金の値下げを行う業者は多いようです。。

●入居後の生活費の抑え方
入居後の生活費のうち食費が占める割合は2~3割にもおよぶため、この出費を抑えることが生活費の節約において重要であることは言うまでもありません。

特に上述した外食の回数や惣菜などの調理済みの食品の購入数が増えると、その分食費は増えてしまうことから、自炊をすることは食費を抑える上で非常に重要ということができ、そのためには、セールを狙ってまとめ買いをするという方法もおすすめです。

また、外食の機会としては自炊をするのが面倒だと感じるときだけでなく、友人との飲み会なども挙げられます。そのため、飲み会や遊びで外食をする回数は上限を設け、予算内でうまくやりくりをするにはどうしたらよいか、自分なりに考えてみる必要もあるでしょう。

食費と同様にスマホやインターネットの通信費が月々の出費において占める割合も多く、その金額を抑えることもまた生活費の節約において重要となります。そのためには、スマホやインターネットの契約プランを定期的に見直すという方法が有効です。

生活費を節約するためには常に無料で利用できる施設やサービスがないか気を配ることも重要です。特に学生の場合は、講義で使用する書籍などを図書館で借りるといった公共施設の利用も生活費の削減につなげることができるため、積極的に利用するようにしましょう。

また、電車やバスなどの交通費が生活費において占める割合も決して少なくありません。学生の場合、基本的に平日は毎日通学をしなければなりませんので、通学費としての出費も大きなものになります。なるべく運賃の安い自治体が運営する公共バスや自転車、徒歩を利用できないか検討してみましょう。

これらと同様に電気代やガス代などの光熱費を抑えることもまた生活費を節約する上では非常に重要となります。特に電力の自由化によって多くの会社が参入した電力業界では、各社が多種多様な料金プランを用意しているため、自身の生活スタイルに合ったプランを探してみると電気代を含めた光熱費の削減が可能となります。

節約だけでなく収入を増やす工夫も重要!

ここでは一人暮らしをはじめるにあたって必要となる費用や、実際に一人暮らしをはじめてから必要となる費用、およびその節約方法について解説しました。
一人暮らしをするにあたってはどれくらいの費用が必要なのかという点と、どのようにしたら節約ができるのかという点について考えることも重要ですが、それと同時にどうしたら収入を増やすことができるのかという点についても考える必要があります。
特に学生や社会人の場合は収入を増やすために割ける時間も少ないことが考えられますが、近年では通勤通学時間などのスキマ時間で収入につなげられるサービスなども登場しています。ドコモの提供するサービス「dジョブスマホワーク」は、このようなスキマ時間で副業を行う際の利用にも適しており、今よりも収入を増やしたいという方におすすめです。

カテゴリー: 働き たい 時 だけ 働く バイト | タグ: | コメントする

稼げる副業とは?高収入が期待できるお仕事の特徴と収入UPのコツを大公開!

稼げる副業とは?高収入が期待できるお仕事の特徴と収入UPのコツを大公開!

サラリーマンとして月給を得ていながら、それぞれの理由からもう少し稼ぎたい、そのために副業を始めたいと思っている人も多いのではないでしょうか。副業には在宅での封筒の宛名書きのように内職的なものから専門性を活かした高収入のものまで、実にさまざまなタイプがあります。ここでは、本業をおろそかにすることなく高収入が見込める副業の種類、および収入をアップしていくコツをご紹介していきます。

高収入が期待できる副業の特徴とは 

高収入が期待できる副業にはどのような特徴があるのでしょうか。まずは、その3つの特徴について説明していきます。

●特徴1:専門性が高い副業

パソコン操作が得意で綿密な作業が好きな人なら、毎日1〜2時間コツコツと作業をしていくだけで月に数万円、数十万円の収入を得ることも夢ではありません。

専門性が高い副業としてアフィリエイトとブログがあげられます。Webサイトを構築する知識がなかったとしても、既存のブログを活用すれば、収益性の高いアフィリエイトを運営することもできるのです。

ですが、このタイプの副業は根気がなければ続きません。作業を始めたからといって、即座に高収入を得ることができるわけではなく、数ヶ月後に初めて成果が出るからです。そのため、数週間、または一ヶ月後には報酬を手にしたいと思っている場合には不向きかもしれません。

●特徴2:体を動かして働く副業

パソコンの前に数時間座り込み、細かい作業を連日続けるのは難しいという場合、外に出て働くタイプの副業がおすすめです。

例えば、家事代行は高齢化社会の日本では需要の尽きない安定した仕事だといえます。また最近では、ハウスキーピングという言葉も普及しており職業としてもステータスが上がっています。在職していて、平日に副業ができなかったとしても、休日に家事代行をすることが可能です。

保育関連の資格を持っていたり、子どもが好きであればベビーシッター、ペット関連の資格を持っていたり、ペットを飼育していた経験があればペットシッターなどの副業もいいでしょう。

自宅にこもったまま副業をするのとは違い、人とのふれあいを楽しむことができるのが、このタイプの副業の特徴です。

●特徴3:自身の資産を運用する副業

副業の多くは自己資金がまったくなくても始めることができますが、土地や預貯金などの財産があるなら、これらを利用してより高収入を得ることが可能です。

例えば、現在使っていない土地を所有しているのであれば、駐車場を作って毎月決まった収入を得ることもできます。空き地を駐車場にするためにはそれなりの費用がかかります。ですが、いったんできあがってしまえば、後は維持費をかけずに毎月収入が発生するのです。経営にもほとんど時間を割かなくて済むため、毎日多忙なサラリーマンでもできる副業です。

この他、マンションや一軒家を購入して賃貸料を得る、あるいは株式などに投資して、資産を運用するなどといった副業で高収入を得ることもできます。

タイプ別に見る高収入の副業|高い専門性を生かす 

高収入の副業としてあげられる仕事のうち、専門的な知識が必要なものご紹介します。

●アフィリエイト
在宅でできる副業の中でも、特に人気が高いのが「アフィリエイト」です。アフィリエイトとは企業や商店などの広告主の売りたい商品を、アフィリエイターが自分のホームページやブログで紹介するというものです。

広告主とアフィリエイターは直接やり取りをするのではなく、ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)という仲介業者が間に入り、報酬の支払いや受け取りを管理します。パソコンとインターネット、そしてドメインを取得するのに必要な数千円の投資でいつでも始められるのが魅力です。

●ブロガー
自分の好きなことを書いて収入を得ることができるのがブロガーです。スキマ時間を活用して収入を得ることができるのが、この副業の最大のメリットだといえるでしょう。

ブログを書くだけで、1ヶ月に数万円から数十万円の収入を得ることができます。中には1ヶ月の収入が100万円を超えるブロガーも存在します。

●Webライター
タイピングのスピードと文章能力に自信があるのなら、Webライターを副業に選ぶのも悪くないでしょう。

Webライターは指定されたテーマと文字数で記事を作成しなければならないため、ブロガーのように自分の書きたいことを書けない場合もあります。ですが、その代わり書けば書いた分だけ報酬を得ることができます。

●Webデザイナー
Webデザインのスキルがあるという人なら、Webデザイナーとして毎月5万円以上の収入を得る方法もあります。

Webデザイナーの時給は1年の経験者で時給1,500〜2,000円、経験2年なら2,000〜5,000円、経験3,000以上の場合は5,000円以上となります。毎月2件ほどの受注件数があれば5万円以上の収入を得ることも可能です。

●イラストレーター
イラストを描くことができるのなら、イラストレーターとして活躍することもできます。イラストレーターとして収入を得る方法はいくつかあります。例えば出版社や編集プロダクションと取引・契約を結ぶこともひとつです。最近ではクラウドでイラストを募集していることも多いので、応募してみることも可能です。また、写真と同様にイラストを販売しているサイトもあるので、そこで自身のイラストを投稿しても良いでしょう。

また、必ず収入につながるわけではありませんが、コンテストに応募してみるのもひとつの方法です。さまざまな企業や地方自治体が募集しているイラストのコンテストに応募して賞金を得るのです。これは、キャラクターデザインが得意な人におすすめです。

●クラウドソーシング
クラウドソーシングという言葉が使われるようになったのは、比較的最近のことではないでしょうか。インターネット環境が整っていて、副業にあてられる時間があるのなら、このクラウドソージングがおすすめです。

クラウドソーシングでは発注者が不特定多数の人に業務を発注しますが、時間をかければかけるほど収入が増えていくタイプのタスクも多くなっているといえます。そのため、本業が忙しいときは受注数を減らすなど、自分で仕事の量を管理できるのがクラウドソーシングのメリットです。

●翻訳
英語やスペイン語など、日本語以外の語学ができるのなら、翻訳によって高収入を得ることができます。アラビア語のように、使いこなせる人が少ない語学の翻訳なら、さらに高単価となりますが、英語などと比べると需要が少ないというデメリットもあります。

さらに、翻訳と合わせて通訳もできる体制を整えておけば、さらに収入を増やすことができます。週末だけの稼業で1日5万円の収入も見込めます。

タイプ別に見る高収入の副業|体を動かして働く

高収入を得られる副業には、肉体労働タイプのものもあります。ここでは肉体労働でより稼ぐことができる副業をご紹介します。

●治験
「仕事」というと語弊があるかもしれませんが、治験も比較的効率的にお金を稼ぐことができる副業です。治験ではまだ市販されていない薬品やサプリを試すことになります。

治験を副業にするためには、治験サイトに登録しておく必要があります。一度登録すれば自分の年齢や性別に見合った案件に応募することができます。

●家事代行
炊事、洗濯、掃除と家事スキルが高いのなら、家事代行などで収入を得ることもできます。依頼者のもとを訪問し、炊事、洗濯、掃除といった、家事全般を代行するサービスになります。

近年、家事代行の需要はうなぎのぼりとなっています。政府の見解では、家事代行サービス市場が将来的に6,000億円規模に拡大するだろうと予測を立てています。

●ベビーシッター
保育関係の資格を持っている、子育てをした経験があるというなら、ベビーシッターを副業とすることもできます。

依頼者の小さな子どもを、依頼者の家で面倒を見ることが一般的ですが、ベビーシッターの自宅で預かる場合もあります。

ベビーシッターは近距離で仕事を見つけることができ、初期費用は必要ないことがメリットです。

●ペットシッター
動物に関係する資格を持っている、動物を飼育したことがあれば、ペットシッターも副業として検討してみる価値があります。

依頼者のペットの面倒を見ることが仕事です。例えば、お散歩に連れて行ったり、食事の支度をいてあげたり、お風呂に入れてあげたりなどです。

将来的に、プロのペットシッターとして仕事をしていきたいのなら「愛玩動物飼養管理士」の資格 を取得するのもいいでしょう。

●イベントスタッフ
月に2、3回程度、まとまった時間で体を動かす仕事をしたいのであれば、イベントスタッフがおすすめです。

例えば、コンサート会場での舞台設営や来場者の誘導係、物品の販売など、イベントスタッフの仕事は多岐に渡ります。収入を得ながら、自分の好きなアーティストの生演奏を聴くことができるという、ライブ好きやファンにとっては、何にも変えがたいメリットもあります。

タイプ別に見る高収入の副業|自身の資産を運用する

現在ではさまざまな副業がありますが、そのうち投資というのは、以前からあったスタンダードな仕事であるといえるのではないでしょうか。ここでは、高収入を得られる副業のうち、投資に関わるものをご紹介していきます。

●株式投資
手元に自由にできる資金があるのなら、元手にして株式投資をするのもひとつの副業といえます。

ただし、株というのは何年、何十年と持っているうちに利益が上がってくるものも多いので、短期間で効率よく副収入を得たいという人には向いていないかもしれません。

株では短期間で儲けることのできるハイリターンの銘柄は、ハイリスクとも直結しています。株式の知識があって、きちんと株式の状況を判断できる人でないと、収入を得るどころかマイナスになってしまう可能性もありますので、注意しながら始めるようにしましょう。

スキマ時間で稼ぎやすい副業ランキング

スキマ時間を有効活用しながら、実際に稼ぐことができるのはどのような副業なのでしょうか。「スキマ時間で稼ぎやすい副業」のランキング(※)から、その特徴をみてみましょう。
※「dジョブ」における実際の応募数に基づいてランキング作成

稼げる副業の集計結果は、ご覧のとおりとなっています。それぞれどのような仕事で、どのような魅力があるのかを見ていきます。

1位:アンケートモニター

アンケートモニターは毎日、数分単位のスキマ時間に、スマホ片手にこなすことができる副業ですので、何よりも取り組みやすいという魅力があります。短時間も積み重ねれば意外にも長時間になることもあります。おおよそ、アンケートの回答も複数の選択肢が用意されているので、それほど頭を使わずに済むこともあげられるでしょう。在職中であれば通勤時間にもできますし、小さなお子さんがいる場合は家事の片手間にすることもできます。

2位:美容モニター

企業から提供されるサンプルを実際に使用して、どのような使い心地だったのか、どのような効果を実感できたのかなど、事細かに感想を伝えることが仕事になります。女性の場合だと、スキンケア商品、コスメ、ヘアケア商品から、健康食品やサプリメントまで、体験する商品の種類は多岐に渡ります。もちろん、製品ですので使ってみて自分には合わなかったということもあるかもしれません。しかし、使って良かった場合もありますし、使うだけで報酬までもらえることは魅力といえます。

3位:軽作業

軽作業は働いた分だけ報酬を得ることができる、明快で確実な収入になるところが魅力ではないでしょうか。例えば、街頭でティッシュ配りをしたり、プラカードを持って案内をしたり、あるいは商品の検品をもくもくとしたりする仕事があげられます。また、いわゆる内職も当てはまります。自宅でパッケージにラベルを貼ったり、段ボールを組み立てたりするような作業内容です。休日に試験会場の監督員をするような仕事もあります。

4位:イベントスタッフ

イベントスタッフは週末や長期休業を利用して、イベント会場におけるさまざまな作業に従事する仕事になります。アーティストによるコンサートやライブ、野球やサッカーなどスポーツの試合、あるいはアミューズメントパークといったシーンで仕事をします。イベント会場の設営、当日の運営、さらに終了後の片付けなどをします。場合によっては、自分の興味のあるイベントに関わることができるのも魅力になります。

5位:被写体モニター

顔写真の被写体モニターは、一般的にはあまり知られていないかもしれませんが、副業をしている人たちの間では、スキマ時間に稼ぐことができるアルバイトとしてよく知られています。撮影事業、あるいは撮影機器の開発をしている企業が、試験的に撮影をするため、モニターを募集しているのです。特にメディアに露出するわけでもなく、ただ写真を撮影されるだけで謝礼がもらえるのが魅力です。

副業の収入を伸ばすためのポイント

副業の収入をアップするためには、ポイントをおさえて効率よく作業をこなしていくのが得策です。ここでは副業の収入を伸ばすためのポイントについて解説します。

●最低限の目標額を決める
副業というのはあくまでも本業を補佐するためのものです。「1ヶ月で100万円稼げる!」などといったうたい文句に踊らされて本業をおろそかにしてはいけません。そのため、最低限の目標額を決めるのがおすすめです。

副業を始めるにあたっては「1ヶ月にいくらの収入を得たいか」を具体的に決定します。本業の収入だけでは足りない金額を目安にするとわかりやすいはずです。例えば「今の会社のお給料だと子どもの習い事に必要なお金が足りないから、月に2万円もらえる副業を探したい」というような考え方が望ましいでしょう。最初から数十万円稼ぎたいと思っても、副業では無理なことが多いのを忘れてはいけません。

最初に立てた目標の金額をクリアすることができたら、次はこの目標額を上げます。例えば、最初の目標が毎月2万円だったとして、実際に2万円の収入を得られるようになったら、2万5千円、3万円と、少しずつ増やしていくのです。収入を得られるようになったということは、少しずつ副業のノウハウがわかってきたという証拠です。それだけ要領よくこなせるようになったわけですから、少しずつ作業量を増やしたとしても、それほど作業時間は増えないでしょう。やみくもに副業にいそしんでいるだけでは収入をアップすることはできません。

●興味や関心がある仕事を選ぶ
現在の仕事(本業)は生活のために選んだものであり、自分の興味・関心とはまったく違うという場合も少なくないでしょう。副業をするのなら、興味・関心があるものを選ぶのがおすすめです。自分にとって苦痛となるようなものを選んでしまったら、続けていくのが難しくなってしまいます。そのため、副業を選ぶ際には、自分が何をしたいのか、何のために副業をするのかという点を明確にしておくことがポイントです。

●長く続ける
どのような副業を選んだとしても、未経験のうちは単価も低くなってしまうため、思ったよりも稼げないというのはある程度仕方のないことです。本当に副業で稼げるようにありたいのなら、そこであきらめずに長く続けることが肝心です。

実績を積めば積むほど、仕事単価もアップし、収入も増えるでしょう。職歴や実績が豊富なほうが依頼者にアピールしやすいことは言うまでもありませんし、そのためにはやはり長く続けなければなりません。

履歴書や職務経歴書を提出する場合でも、実績があるのなら実績を、実績がないのなら自分の良いところを売り込みましょう。いずれにせよ、仕事を受注するようになり、実績とともに信頼を得ることができれば、単価も上げてもらえますし、ボーナスをもらえることもありますから、長く続けて実績を積んで信頼関係を築いていくことが大切だといえるのではないでしょうか。

稼げる副業は探せば必ず見つかる

副業の中には単価が0.1円のものから、本業と同等に稼げる副業までさまざまです。稼げる副業とは、実際に得られる報酬が多いものをいうでしょうが、そこまでに到達するまで、多少なりと経験を積む必要があるともいえます。

もしも、短期間で確実に収入を得たいのなら、軽作業やイベントスタッフがいいかもしれません。毎日の積み重ねで報酬がもらえればいいのであればアンケートモニター。また、+αの魅力がある美容モニターもいいでしょう。本業があるのですから、できるだけ効率よく稼ぐことのできるものを探すことも重視しなければなりません。

自分にとって稼げる仕事とはどのようなものかを考えたうえで、しっかりと仕事を探してみれば、必ず稼げる副業を見つけることができるでしょう。

カテゴリー: 働き たい 時 だけ 働く バイト | タグ: | コメントする

在宅ワークで高収入を得るコツ|おすすめのお仕事と続ける秘訣をご紹介!

在宅ワークで高収入を得るコツ|おすすめのお仕事と続ける秘訣をご紹介!

2015年の国土交通省調査では、約3割の人が在宅ワークを行ってみたいと回答しています。求人情報にも記載され、在宅ワークを仲介する専門のサイトも2018年現在では20種類以上と増えてきており、人気が高まっています。

在宅ワークには人間関係を気にしない、空いた時間を有効活用できるというメリットがありますが、自己管理が必要だったり、収入が安定しなかったりするなどというデメリットもあるのです。ここでは、職種やこれから始める方に向けてのコツなどを解説します。

自宅ですぐに始められる在宅ワークとは

●在宅ワークとは?
在宅ワークとはその名前のとおりで在宅、家にいながら仕事を進めることをいいます。しかし、必ずしも家で行う必要はありませんので、出社しない仕事というのがイメージとしてはしっくりくるでしょう。

内職とも似たような仕事ではありますが、インターネットを活用するのが一般的なのが内職と異なります。メールで作成したファイルを送る、あるいはインターネット上に用意されたシステムの利用、またはクラウドソーシングサイトに登録してやりとりをすることになります。

●在宅ワークに注目が集まる理由
在宅しながら仕事を進めることができ、最終的に依頼元からの期限に間に合えばいつ休憩しても、いつ作業しても問題ありません。目が離すことができない小さな子どもがいる家庭では、子どもの面倒を見ながら仕事ができるとして人気が高くなっています。

出産に伴い育児休業や退職をした方が、仕事に復帰するのが難しいことから、在宅ワークを選択するケースもあります。特に女性は出産後に体調が悪くなるという方もいますし、自分だけでなく子どもが急に体調が悪くなるということもあります。

また、スキルがある方ならばアルバイトよりも収入が多くなることもあり、場合によっては正社員よりも収入を増やすことができます。 現在の職場が自分の能力に見合った給料ではないと感じる方が在宅ワークでスキルを活かして収入を増やすパターンもあります。

このように、さまざまな理由で在宅ワークという選択肢を選ぶ方もいますが、あまり人に会いたくない、家からはできるだけ出たくないという理由の方もいます。

高収入が期待できるおすすめの在宅ワーク

ひとくちに在宅ワークといってもその業種はさまざまです。クラウドソーシングサイトで多く見られる仕事のジャンルをいくつかご紹介します。

●データ入力
WEB上で特定のサイトを探す、ショッピングサイトでの特定条件の商品などを見つけてそのURLを入力する単純作業の業務です。基本的にスマホだけでも行うことができ、特にスキルや資格は不要ですが、検索などの調べ物が得意であれば、多くの量をこなすことができます。他にもアンケート調査に協力するというのもあります。

収入の目安:1件10円から100円など、内容によって異なります。

●プログラミング
サイトや企業内で使用するシステムや、スマホなどのアプリを作成する仕事です。プログラムにも色々種類がありますが、業務経験はなくても過去に作成した経験がないと仕事を請け負うのは難しいです。

特徴としては、依頼元と打ち合わせをしつつ、決められた期間内に完成させるので、長期的な作業スケジュールとなる作業となっています。

収入目安:簡単なものであれば5千円から1万円、規模によっては数万円から何十万円という大きな仕事もあります。

●翻訳
仕事で使う書面、海外展開する商品の説明書などの文章の翻訳作業です。主に依頼元が求めるのは地元の国の人が読めて不自然ではないレベルですので、機械翻訳ではできないことはもちろん、一定の翻訳経験やスキルが必要とされます。

収入の目安:小さい単位では100文字50円ほど、A4の1300文字ほどで5,000円、3,000文字で5,000円から10,000円などさまざまです。翻訳できる人が少ないなど、言語の種類や求めるレベルによっても異なります。

●WEBサイト作成系
Webサイトのデザインや構築、文章を作成するライターの仕事などがあります。 ライターは初心者からできるケースもあれば、ある程度の経験を必要としているケースもあります。クラウドソーシングサイトの利用、直接企業の募集に応募するという方法で仕事をもらいます。

収入目安:記事を書くライターは3000文字で2000円という記事単位での金額や1文字1円前後などがあります。WEBサイト作成は1ページ1〜2万円や、サイトのコーティングという用意されている内容をもとにサイト作成する場合は、サイト全体で1万円ほどが目安です。大きなサイトだと50万円から100万円という金額になることもあります。

●手作り品の販売
自分で作成したものを販売するというのも通信販売の在宅ワークといえます。アクセサリーやバッグ、洋服などを直接自分のサイトを作成できる人もいれば、すでにあるフリマ系サイトを活用する方法があります。

収入目安:材料費という出費が発生し、販売状況により異なります。0円から数千円、多くなれば何十万円となることもあります。

●アフィリエイト
自分が作成したブログやサイトなどに広告を貼り、クリック数や商品購入につながることで収益が出ます。文章を作るスキルだけでも始めることはできますが、サービスを利用したサイト作成や、検索で上位にする方法などの宣伝知識を持っていることで収益を増やすことにつながります。

収入目安:サイト構築や維持費などがかかることがあり、収入もクリックや商品購入されないと上げることができません。少なければ収益は0円、数百円から数十万円などと、状況により異なります。

●投資系
投資は厳密には自分の資金を使って利益をだすもので、厳密には在宅ワークとは異なりますが、自宅にて収入を得られるため一例としてご紹介します。

収入目安:投資金額は10万円ほどから行うことができ、利益が出るとしても数ヶ月から数年単位で、利益は結果によりさまざまです。

在宅ワークのメリット

●空いた時間を有効活用して仕事ができる
仕事から帰宅したあとの時間や、休日などを活用することができます。出勤するアルバイトのダブルワークだと時間が決められていますが、在宅ワークなら打ち合わせなどがなければ、基本的に自分の生活ペースに合わせて作業することが可能です。また一日の作業可能時間に合わせて、自分のできるレベルの作業を選ぶことも可能であるため、無理なく行うことができます。

短時間正社員制度などを導入している企業も増えていますが、自分の勤務先にはないという方も多いと思います。育児や家事をしっかりやりたい、家族の介護をしなければいけない人にとっては、作業を自分のペースで進められるので仕事と両立をしやすくなります。

●場所を選ばない
在宅ワークは作業することができれば、自宅など好きな場所で仕事をすることができます。また、カフェなどの方が落ち着くという方もいます。長時間居座るなどお店に迷惑をかけなければ、自分で最適な環境を好きに選べるわけです。

本当は働きたいけれど子どもを保育所に入れることができない場合なども、子どもを見ながら仕事ができる環境を作ることも可能です。

作業をするための環境としては、在宅ワークの種類にもよりますが、基本的にはパソコンがあれば大丈夫です。あとは作業のやりとりをするためのネット環境が必要なケースもありますが、出先ではオフラインで作業をして、帰宅してから自宅のネット回線でやりとりするという方法をとることができます。またスマートフォンやタブレット端末だけでも作業できるケースもあります。

●人間関係に悩むことが少ない
会社などで勤務をしていると、どうしても職場の人との直接の関わりが発生するのが一般的です。職場での人間関係で会社を辞めることも珍しくはありません。在宅ワークであれば業務量や条件などで仕事を変更することはあっても、人間関係を理由に仕事を変える必要はありません。人と関わることがあまり得意ではない方でも安心して働くことができるといえます。

作業の連絡、納品、確認などは電話やメールのみで完結するという在宅ワークは多くあります。
直接打ち合わせを行う場合でも、毎日会うことはほとんどありません。

・いくつかの作業ごとの最初のみ打ち合わせ
・週一回だけ出社
・研修期間の数ヶ月だけ出社
このようなパターンがあります。

在宅ワークの注意点

●軌道に乗るまでは収入が安定しにくい
実際に始めようと思っても、そのときに仕事が見つからないというケースもあります。
業務内容の研修を行うケースは少ないので、全くの未経験であれば仕事が見つかりづらく、また、もともと会社に務めていた人や、一緒に業務をしていた人にのみ在宅ワーク作業をさせているという会社もありますので、スキルや知人の紹介などがないと希望の収入までに達成しないというケースも多いです。

また成果ごとに単価が決まっているケースも多いので、スキルがあっても作業を進めるスピードが速くないと収入を増やすことが難しくなってきます。

●平日と休日の区別がなくなるおそれがある
出社する副業でも同様のことはいえますが、本職の空き時間を利用する方の場合には休日がなくなってしまうことにもなりかねません。普段から交友関係での付き合いが多い、もしくは家族で出掛けることが多いという方は、両立させることは非常に難しくなってしまいます。

●自己管理が必要になる
作業の進行管理はある程度は依頼元が行ってくれる場合もありますが、「毎月月末に提出」という契約であれば、しっかりと作業管理を自分で行う必要があります。普段の仕事では必要なことをいつも後回しにしてしまい、上司に助けてもらってばかりいるという方は、納期までにちゃんと仕上げるというのは難しいかもしれません。

また、在宅ワークは副収入となるので、確定申告など税金の手続きが必要となることがあります。在宅ワークの支払いは給与もしくは雑所得などにあたり、他の収入や支出状況などによっても異なりますが、源泉徴収をされていないのであれば20万円以上であれば確定申告の対象となるのが一般的です。

在宅ワークで高収入を得るための心構え

●根気よく続ける
最初は収入が安定しないことがほとんどです。仕事を在宅ワークだけにするという方は、数ヶ月から一年ほどは収入がなくても大丈夫な状態を準備しておく必要があります。貯蓄がなく厳しい場合には、まず現在の仕事をしながら少量ずつこなしていき、仕事に慣れつつ着実に実績を作り、依頼元と信頼関係を作ってから、徐々に切り替えていくというのもよいでしょう。

依頼元から仕事の質・スピードが評価されれば作業単価が上がったり、新たな仕事の相談をしてもらえたりする場合もありますので、在宅ワークのみにするのであれば、自分の無理のない範囲で多くの作業を行いましょう。

●毎日の生活パターンを守る
在宅ワークの仕事を行ううえで自己管理は非常に重要になってきますので、自分の健康はもちろん、モチベーションをしっかりキープしなければいけません。同じ作業を家で続けることが難しい場合には、好きな音楽をかけるなど集中できる環境を用意しておきましょう。

在宅ワークを休日に集中してしたり、在宅ワークのみに仕事をしぼったりという方の場合、もともと家事で生活スタイルが整っている主婦の方などであれば問題はないですが、休みの日はついつい昼まで寝てしまうという方は、まずはその生活スタイルを見直すのもよいでしょう。

依頼元とのやりとりに影響がなければ必ずしも朝に起きて夜に寝るという必要はありませんが、起きてから作業を始めるまでの流れは自分なりのスタイルを作っておくと、一日の作業時間が一定になりやすいです。一日に何時間、もしくは何個分や何円分の作業を行うと決めたりすることは大切です。

長期的な作業であれば作業手順を一覧にしてどこからどこまでを何日までに行うかを決めておき、作業開始前の確認と作業後のチェックをするだけでも進行具合は大きく変わります。

●スキルを磨く
在宅ワークの収入は作業単価×量で増減するのが一般的ですので、量を増やすには作業スピードを上げて、単価をあげるにはスキルをアップさせていく必要があります。スピードもスキルもどちらも重要ではありますが、まずは納期を守ることが大前提ですので、一定量を維持できるようになってきたら、その中で少しずつスキルを上げていくようにしましょう。

スキル次第では正社員よりも高収入に

在宅ワークと出勤する仕事で異なるのは、単純に時給や月給のように何時間働ければいくらもらえるというものではなく、どれだけの単価の仕事をどのくらいこなせるかという自分のスキルや作業管理で金額が大きく変わるというところにあります。

すぐに高収入を稼ぐというのは難しいですが、自分のスキルアップ次第でそれなりのお金を得ることができ、場合によっては正社員よりも多く得ることも可能です。なによりも通常の勤務が難しいという方には、介護や家事育児と両立することが容易なのが大きな特徴といえます。

カテゴリー: 働き たい 時 だけ 働く バイト | タグ: | コメントする

サラリーマン向けの副業20選|ライフスタイルに合わせてカシコく選ぼう!

サラリーマン向けの副業20選|ライフスタイルに合わせてカシコく選ぼう!

大手企業であれば副業は禁止とするのが当たり前という時代もありましたが、近年では副業を推奨することで優秀な人材の育成につなげるという考え方も一般的になりつつあり、大手企業でも副業を解禁しているところもあります。2018年1月には、厚生労働省が「副業・兼業の促進に関するガイドライン」をまとめています。

サラリーマンにとっての副業はただ収入を増やすという点だけでなく、本業では得られないスキルを身につけ、本業でそれを活かすことができるという点でも大きなメリットがあります。ここではサラリーマンにおすすめの副業やその選び方などについて解説しますので、副業に興味があるというサラリーマンの方はぜひ参考にしてみてください。

副業の選び方

副業は、自分にとっての自由な時間を費したり、ある程度の資金の準備が必要となる場合があります。そのため副業をはじめるにあたっては、以下のポイントを理解しながら自身の条件に合ったものを選択する必要があります。

●自身のライフスタイルを検証
サラリーマンが副業をはじめるにあたって最初に明確にしておかなければならないのが、なぜ副業をはじめるのかという点です。特に「収入を増やしたい」といった一般的なものではなく、「起業のための資金を短期間で稼ぎたい」、あるいは「本業で活かせるスキルを身につけたい」といった理由で副業をはじめる場合、それらに適した職種は限定されることが多く、そのことからも副業をはじめる理由は初期の段階から明確にしておかなければなりません。

副業をはじめる理由を明確にしたら、自分に適した希望職種を検討しましょう。希望職種を決める際には、本業で得た専門知識を活かせるかどうか、逆に本業からかけ離れた職種で新たなスキルを身につけられるかどうかなどを重視すると同時に、自分が所有しているものを活用できないか検討してみるのもおすすめです。

また、副業をはじめるにあたって行わなければならないことは、副業に使える時間帯を明確にすることもあげられます。サラリーマンが副業を行う場合、その時間帯は本業が終わった後の夕方から夜にかけた時間帯と、休日になることがほとんどです。特に家族がいるサラリーマンの場合、その時間帯は家族との団らんの時間となっていることが多く、副業をはじめることで家族との会話が減ってしまうことも考えられます。そのため、副業を行う時間帯を決める際には本業だけでなく、そのほかの事柄との兼ね合いを考慮しながら、自身にとっての自由時間をどれくらい副業に費やせるのか考えてみる必要があります。

一方で最近ではスマートフォンなどを利用して短時間で行える副業も数多く存在することから、通勤時間や本業の休憩時間などのスキマ時間を利用して副業を行い、本業終了後の時間は家族との団らんなどに使うという方法もあります。

これらに加え、副業をはじめるにあたっては目標金額も明確にしておくことも必要です。目標額を設定することでモチベーションの維持につなげることができます。一方で、副業に力を入れすぎると本業へ支障をきたしてしまうこともあるため、目標額は下限だけでなく上限も設定し、それにもとづいて副業への力の入れ具合を調整するというのもおすすめです。

●各職種の特徴を把握
副業に取組む理由、希望職種、時間帯、希望収入額などが決まったら、実際にそれらの条件に合致した職種を探してみましょう。

副業として最初にあげられるのは、飲食店や倉庫などでのアルバイトなど比較的専門的な知識を必要としないような職種です。

一方で、専門的な知識を活かすことができるタイプの職種も副業としてあげられます。このタイプの副業は企業に雇ってもらうだけでなく、自営業としてはじめることも可能なため、時間を自由に使いやすいというメリットもあります。

また、不動産や株を対象とした投資タイプのものも副業としてあげられます。ただし、この方法の場合、逆に損をしてしまうリスクが伴う点や、短期間で利益を上げることは難しいという点は覚えておかなければなりません。

これらに加え、副業を決める際には職種のタイプだけでなく、勤務時間帯、勤務地、毎月の収入額などの各条件についても吟味する必要があります。なかでも勤務地に関する出勤型、在宅型の違いや、毎月の収入額に関する時給型、成果報酬型の違いは働き方にも大きな影響をおよぼすことが考えられるため、特に注意しなければなりません。

副業

専門知識やスキルを活かしたサラリーマン向けの副業6選

続いては、サラリーマンの方に人気の具体的な副業をご紹介します。ここでは最初に専門知識やスキルを活かすことができる職種を6つあげ、各々の詳細などについても解説していきたいと思います。

●コンサルティング
マーケティング、事業開発、経理・財務などに関する幅広いコンサルティング業務は、決して気軽に行える副業ではないものの、会社という枠にとらわれずに自分のやり方でスキルを磨けるという点で大きなメリットがあります。そのため、ただ収入を増やせるという点だけでなく、より多くの経験を積み将来的な独立につなげることができるという点でも大きなメリットがある副業といえます。

●語学やスポーツの指導
語学やスポーツに関する十分な知識・技術を持っていれば、それらを利用した英会話やスポーツトレーナーなどの指導に関する副業もおすすめです。特に語学力取得のための英会話教室や運動不足解消のためのスポーツ教室、ジムでのトレーニングなどは子どもから大人まで一定の需要があり、長期的に継続しやすい副業であるといえるでしょう。また、語学やスポーツの指導に関する国家資格は存在しないものの、日本英会話協会や日本スポーツ協会などの財団法人が認定する資格が存在するため、まずはそれらの資格取得を目指し、副業につなげるという手順を踏むのも有効です。

●ライティング
仕事上、文章をよく書く方や日常的に読書をする方にはライティングの仕事も副業として適しています。この仕事は成果報酬型であることがほとんどであるため、より多くの仕事をこなせればそれだけ多くの報酬を得ることができます。そのため、さまざまなジャンルに関する知識を有している方であれば、副業をはじめたばかりであっても高収入のチャンスがあります。

また、ライティングには、ただ文章を執筆する仕事だけでなく、音声を文字に起こすテープ起こしや特定の言語で書かれた文章をほかの言語へ書き換える翻訳の仕事なども含まれます。そのため、選択肢が多く、自身のスキルを活かしやすいという点もまたライティングの仕事の大きなメリットといえます。

●Webデザイン
企業においてホームページ制作を外部の業者に委託することは決して珍しいことではなく、Webデザインの仕事は安定した需要があるため、それらに関する知識があるのであれば副業としてはじめてみるのもおすすめです。

特に、制作にかかわるWebデザインだけでなく、ホームページが完成した後の定期的な保守業務も請け負うようにすれば、継続して新たな案件を探す必要性も低くなり、安定した収入が見込めるようになります。

●イラスト作成
イラストを描くのが得意な方であれば、それを副業とすることも可能です。例えばイラストの登録サイトに自身のイラストを登録しておくと、自身が描いたイラストがダウンロードされるたびに報酬を得られます。ユーザーのニーズをうまくつかむことができればより多くの報酬を得ることが可能です。

また、イラスト作成を副業につなげる方法としてはLINEで使用されるスタンプの販売もあげられます。LINEのユーザー数は7000万人以上と非常に多く(2018年7月現在)、より多くのユーザーに向けて販売ができるという点でもこの方法には大きなメリットがあります。

●ハンドメイド
アクセサリーなどの小物は有名ブランドのものだけでなく、オリジナリティがあるハンドメイドのものにも一定の需要があります。そのため、細かな作業を得意とする方はこのようなハンドメイド商品をネット販売するという方法も副業としておすすめです。

また、個人がハンドメイドではじめたアクセサリーのブランドに人気が徐々に伴い、有名ブランドとのコラボや実店舗の運営などをはじめるというケースもあり、常に高い目標を持って臨めるという点もまたこの副業の大きなメリットといえます。

手軽にできるサラリーマン向けの副業8選

手軽にできる副業は好きな時間に行えることが多く、多忙なサラリーマンでも本業との両立がしやすいというメリットがあります。続いてはその具体的な職種を8つご紹介します。

●ネットオークションアプリ・フリマアプリ
ネットで不用品を販売するのにあたって、昨今では複数の企業がこの業界に参入し、販売手数料の低価格化などもすすんでおり、より利益を上げやすくなっています。すでに自身が所有しているものを売却するため、簡単にはじめやすい副業といえます。

●フリマに出品
商品を販売して利益を得る方法としてはフリマを利用するという方法もあります。この方法では多くの人と顔を合わせ、会話をしながら楽しく副業ができるという点でメリットがあります。そのため、土日に家族そろってフリマへ参加するというのもおすすめです。

一方で最近では新品の商品を扱う業者の参加を不可としているフリマも多いため、基本的に中古品しか扱えないという点に関しては注意が必要です。

●ポイントサイト、アンケートモニター
通勤時間や休憩時間に行える副業としては、ポイントサイトの利用やアンケートモニターなどもあげられます。回答者の年齢や性別、職業などを限定したアンケートなどでは若干ではあるものの報酬が高めに設定されていることもあります。

また、アンケートモニターのなかには座談会への参加を伴うものも存在し、インタビュー調査は抽選で選ばれる方式が多いようです。インタビュー調査は、オンラインだけで完結するアンケート調査よりも報酬が高く設定されているため、より多くの収入につなげることが可能です。

●データ入力
タイピングのスピードに自信があるのであればデータ入力もおすすめです。より多くの案件をこなすだけのスキルが伴えば、それだけ多くの収入を得られるというメリットがあります。

また、この仕事は出社の必要がないものも多く存在するため、自宅だけでなく通勤中や休憩時間に行うことが可能であるという点も大きなメリットのひとつとなります。そのため、副業をはじめたいが家族との団らんの時間も大切にしたいといった希望がある方におすすめです。

●写真販売
スマートフォンなどで撮影した写真を専門のサイトで販売するという方法もまた副業としてあげることができます。このようなサイトでは、必ずしもプロがとったような写真ばかりが購入されるわけではないため、ニーズを捉えた写真を多く出品すればより多くの収入につなげることができます。

●代行業
家事代行や運転代行などのサービスは単身世帯の増加や高齢化などが進むとより需要が高くなることが予想されるため、将来性の高い職種といえます。特に家事や車の運転は普段から行っている人であれば新たにスキルを習得する必要はないため、はじめやすい副業の1つです。

また、これらの代行業をさらに発展させた職種としては、要介護者送迎サービスなども将来性が高く、副業としてもおすすめです。ただし、ここまで発展させたサービスを提供するためには、それなりの時間や資金が必要であるため、それらに関するある程度の余裕がある方でないと若干ハードルが高い副業といえるかもしれません。

●モニター調査
企業からの依頼を受け、飲食店などへ行き、サービスや商品の質をレポートにして提出する仕事をです。この仕事では飲食代などを企業に負担してもらえることが多いため食費を浮かせられるだけでなく、時間帯を指定されることも少ないため、本業との両立がしやすいという点でもサラリーマンの副業として人気があります。

●アフィリエイト
ブログやサイトを運営し、そこに掲載する広告料を得ることをアフィリエイトといいます。この方法の場合、まとまった収入を得られるようになるまでにはある程度の時間が必要ですが、コツをつかんでしまえば安定した収入を得やすいというメリットもあります。また、YouTubeなどの既存サイトを利用してアフィリエイト収入を得る方法も登場しているため、副業としてもはじめやすい方法といえます。

副業

投資・不動産系のサラリーマン向け副業6選

サラリーマン向けの副業としては投資や不動産系のものもよく知られています。ここではそのなかから特におすすめの6つの方法をご紹介します。

●遊休地の活用
使用していない遊休地があるのであれば、税金対策の観点からも何かしらの方法で活用するべきといえます。特に駐車場への転用やトランクルーム経営などへの活用は、かかる手間も比較的少なく、おすすめです。

●遊休施設の活用
空き家などの使用していない遊休施設があるのであれば、改修を行い、レンタルスペースなどに転用するという方法もあります。ただし、この場合、建物や土地に対して固定資産税がかかるため、それらも計算に入れた上で利益が見込めるか否かを判断する必要があります。
※遊休地・遊休施設:使われていない/有効活用されていない土地/施設のこと

●株式投資
市場で投資するタイプの副業としては株式投資が最も一般的といえます。特に最近ではスマートフォンさえあれば簡単に取引が行えるアプリも登場しているため、通勤中や休憩時間に行う副業としても適しています。ただし、株式投資に限らず投資系の副業には損失を生んでしまうリスクが伴うという点は覚えておかなければなりません。

「dポイント投資」ならお手持ちのdポイントを使って手軽に投資がはじめられます!
https://dpoint-inv.com

●CFD
外国為替や外国株、金、原油などといったものを幅広く投資対象とすることができるのがCFDです。この取引は24時間可能であるという点で一般的な株式投資よりも大きなメリットがあり、勤務終了後などにも取引を行えることから多忙なサラリーマンにもおすすめです。
※CFD:Contract For Differenceの略で、差金決済取引のこと。FXは通貨を対象とするのに対し

CFDでは通貨以外のものも幅広く投資対象とすることができる。

●純金積み立て
純金は500g未満の場合、加工料が高額になってしまうため少額の投資には向きません。しかし、500g以上だと一度に数百万円の投資が必要となってしまうため、気軽に行うことは難しいでしょう。
これに対し、最近では月々数千円の投資からはじめられる純金積み立てが話題となっており、今すぐではなく将来的に利益が得られればよいという方に適した副業といえます。

●太陽光発電
再生可能エネルギーに対する注目度は近年急速な高まりを見せており、特に太陽光発電事業には多くの業者が参入しています。また、太陽光発電システムによって発電した電力は買い取ってもらうことが可能であるため、個人で太陽光発電を行うことで、月々の電気代の一部を相殺できるケースもあります。個人で太陽光発電をはじめる場合、土地や機器の準備に多額な費用が必要となりますが、将来的には利益を生むことが見込めることから、副業としてはじめる価値は十分にあるといえます。

副業を始める前に押さえておきたいポイント

サラリーマンが副業をはじめるにあたっては、以下の3つのポイントについても十分な認識が必要となります。

●就業規則の確認
上述したように、昨今では副業を解禁する企業は増えつつあるものの、現在でも社員の副業を禁止している企業は少なくありません。そのため、サラリーマンが副業をはじめるにあたっては就業規則の確認が必須となります。また、なかには株式投資などを禁止している企業も存在するため、投資系の副業をはじめるにあたっても就業規則を確認する必要があります。

●確定申告についての知識を習得
副業で得た収入は年収で20万円を超えると確定申告の対象となり、申告が義務付けられます。ただし、ネットオークションなどを利用した副業の場合、販売額から仕入れ額を引いた金額が20万円未満であれば申告の必要はありません。

また、副業で得た収入を事業所得と雑所得のどちらに仕分けたらよいかという点に関しては明確な基準が設けられておらず、どちらにすべきかわからない場合は税務署に相談するのがよいでしょう。

●継続性
副業のなかには初期費用が必要となるものが存在するだけでなく、収入も限定的であるものが多いことから、一定期間継続して行わないと利益が生じない場合があります。そのため、副業として何をするのか決める際には継続して行うことが可能かという点も重視しなければなりません。

まずは自身のライフスタイルから考えてみるのが重要!

ここではサラリーマンにおすすめの副業20選と副業を決めるにあたって重視すべきポイントなどについて解説しました。

最近ではスマートフォンやパソコンさえあれば行えるデータ入力やライティング、アフィリエイト、株式取引などの副業も存在することから、多忙な人でも副業を行いやすい環境は整っており、通勤時間や休憩時間をうまく活用すればライフスタイルを大きく変えることなく収入を増やすことも可能です。

一方で、サラリーマンは平日ほとんどの時間を本業に費やしていることが考えられるため、副業を行える時間帯はどうしても限定されてしまいます。副業を始める際には、ライフスタイルを改めて見直したうえで、自分にあった副業を選ぶようにしましょう。

カテゴリー: 働き たい 時 だけ 働く バイト | タグ: | コメントする

スマホでできる副業|毎月の収入をアップするためにカシコく活用!

スマホでできる副業|毎月の収入をアップするためにカシコく活用!

少し食費を切り詰めるのが厳しくなってきた、または子どもが生まれてこれからお金が必要になる、など普段一定の収入を得ていても収入をアップさせたいと思うとき、どのような方法をとるでしょうか。アルバイトを兼業で行おうとしても本業との時間の兼ね合いが難しいだけでなく、帰宅後にまた別の場所に出勤するのは疲れが溜まることから選択肢として外す方も多いと思います。

実はそんなとき、スマホさえあればこうした「もう少しお金がほしい」という状況を解決できる場合があります。その方法とはサイト利用やデータ入力、インターネットでの販売などで、これらの仕事はスマホだけがあれば在宅中でも手軽にできる副業です。

またスキルを持っている場合にのみ始めることのできる副業のなかでも、ハンドメイド販売やモニターなどスマホのみでできるものもあり、いくつかの副業をご紹介したうえで、それぞれの副業がスマホのみで可能かどうかを解説します。

スマホがあればすぐに始められる副業

●アンケートモニター
サイト内に用意されているアンケートに答えることで現金やポイントがもらえるというものです。制限時間などもなく、数分で行えるものから用意されているので、休憩時間や用事と用事の間などちょっとした時間に進めていくことができます。貯まったポイントはアンケートモニターサイト内で交換することが可能です。

アンケートだけで報酬が貰える理由がわからないという方もいるかもしれません。その理由としては、企業が販売戦略を立てるための情報をアンケートで得られる点にあります。

商品を販売する企業からすると自社の商品の知名度や利用経験、または同業他社の商品がどのくらい利用されているのか、といった情報は商品開発に役立ちます。こうした情報が年代や地域別など細かく調べるほど情報として有効になるのですが、多くの人に行うことは簡単にではありません。

情報を得たい企業はアンケートモニターのサイトを運営する会社に料金を支払い、情報収集を代行してもらいます。そのモニター会社は登録ユーザーに報酬を用意して、多くの人にアンケートをとってもらうというのがアンケートサイトで報酬を得られる仕組みです。

アンケートは主に2種類で事前調査と本調査にわかれており、事前調査は誰でも参加できる分、報酬は低く設定されています。通常、事前調査の回答内容によって本調査に進むことができるものになります。アンケートの依頼元がなんらかの商品を使用した感想を聞きたいのに使用していない人を集めても意味がありませんので、商品の利用経験があるという回答をした人から本調査してくれる人を選ぶ、という流れです。

●データ入力
その名前のとおりデータを用意されたサイト上で入力していくものです。データの種類はさまざまで、名刺入力や特定サイト内のURL、キーワード検索したサイトについての情報を入力する、といった作業を行います。

自社が運営しているサイトについて意見を貰いたい、目的のキーワードでどのようなサイトが出てくるか知りたい、また大手ショッピングサイト内で同業他社の商品の数や状況など調べたいという企業が依頼する作業です。他にも検索でより多くの人に自社サイトを見てもらうために、最近検索した言葉を入力するといったものもあります。

他の仕事に比べると単価は安めではありますが、その分いつでも気軽に行えるというメリットがあります。少し複雑なデータ入力になるほど金額が高めになるので、スキマ時間には簡単なものを、家でじっくりと時間をかけるときには少し複雑で時間のかかる作業を行うなどと分けてコツコツと続けていくことで収入を増やしていくことが可能です。

●ポイントサイト
サイトを通じてゲームのダウンロードやプレイをするか、ネットでお買い物することで、サービス先とは別にポイントサイトのポイントを獲得することができるというもので、お小遣いサイトとも呼ばれます。ゲームやショッピングの他にも、ポイントサイトを通じて旅行の予約を行う、さらにモニターとしてお得に商品を利用することも可能です。

ポイントサイト内に貯まったポイントに関しては換金することで収入となりますが、いくつかの交換方法があり、ポイントサイト内で還元できる場合もあれば、ポイント合算サイトを通じて還元する方法もあります。ポイント合算サイトとしてはPointExchangeというサイトが代表的です。

還元先にもさまざまなサービスがあり、還元方法によって還元率や手数料などが異なります。まず直接現金にするにはジャパンネット銀行や楽天銀行、住信SBIネット銀行などのインターネットバンキングの口座を持ち、振込してもらうことで可能となります。

ポイントサービスはdポイント、LINEポイントなどがあり、普段からよく利用しているという方もいるかもしれません。ANAやJALなどの航空会社のマイレージバンクのマイルに交換するできる場合もあり、他にはAmazonギフト券、iTunesコードなどのギフト券にも交換することが可能です。他にも楽天EdyやWebMoneyのような電子マネーにも交換できるなど、非常にたくさんの還元方法があります。またネットサービスの利用料金に交換することも可能です。

●ネットオークション
ヤフオク!やモバオクといったオークションサイトに不要品を出品する方法です。副業というほどではなくても利用したことのある方もいるでしょう。不要品もなくなり収入も得られてメリットが多いのですが、何度も不要品が出てくるとも限らないため継続できるとは限りません。

●フリマアプリへの出品
フリーマーケットアプリの利用もネットオークションと近いイメージになります。主な違いとしては価格の付け方で、オークションサイトでは、一般的に開始価格から始めて、購入したい側が指定の日時までにいくらまで出せるかを競うため、金額が上がっていくことになります。

一方、フリーマーケットアプリでは販売する側が価格を設定し、その価格で購入するか、値下げ交渉を行うという方法です。オークションサイトでも一定価格で販売できる機能がついていることもあるので、オークションサイトもフリーマーケットアプリもほぼ同様の副業といえます。

●写真販売
写真販売サイトに販売ユーザーとして登録し、スマホで撮影した写真をアップロードするだけです。一度登録してしまえばあとは勝手に販売されていくので、なんらかの作業を継続しなければいけない方法ではありません。

主にこうした写真販売サイトで売れる写真は、個人で見て楽しむよりもインターネットサイトや広告の画像として利用されるのが一般的です。ただ日々スナップ撮影した画像を登録していても収入を増やすのは難しいので、どのような写真が多く使われているのか、もしくは自分で広告を作ろうとしたときに必要と感じるのはどのような画像なのかを考えて撮影するだけでも販売数が異なってきます。

登録さえすれば必ず売れるというわけではないのが難しい部分で、作業時間と収入金額が比例しないことがあります。写真撮影のスキルはあった方がよいのですが、他にも同様の写真が既にある場合には、求められるレベルが高くなりますし、利用される目的を理解していれば撮影の初心者でも収益を上げていくことが可能です。どのような撮影方法、または画像などであれば販売数を増やすことができるのかを考えていくことがポイントとなります。

●治験や健康食品のモニター
製薬会社が開発する新薬、また健康食品の一部などは販売許可を得るために厚生労働省の許可が必要で、許可を得るために効果の根拠となる科学的な実験の結果が必要となります。この新薬や健康食品のデータの収集目的で行われるのが治験モニターで、基本的にはボランティアとなっているのですが、謝礼が出る有償ボランティアに参加することで収入を得ることができます。

ただし、特定の症状が出ている方しか対象とならないモニターがあったり、入院が必要になったり、一度行うと次の治験参加までに期間を空けなければいけないなど、ある程度の生活上の制約も出てきますので、ちょっとした合間には行えないケースも多いのが実情です。

自分の持っているスキルを生かせる副業

●アフィリエイト
ブログやホームページなどに広告を掲載する方法ですが、こうしたインターネットサイトにはクリックをしてもらえれば報酬が入るタイプと、実際に購入などサービスを利用して始めて報酬が入るタイプとがあり、アフィリエイトはそのうちサービス利用で報酬が発生するタイプの広告を指します。

無料ブログなどで始めれば資金がかからない場合もありますが、レンタルサーバーなどを活用して本格的に始めると初期費用が発生することになります。また作業をすればするほど収入が上がるとは限らず、いかに自分のサイトを多くの人に見てもらうか、また見た人に広告先のサービスを利用してもらえるかが収入を増やすポイントです。

必要されるスキルとしては、サイトを制作したり、多くの人に見てもらい購入してもらうための方法を知っておく必要があったりします。大変ではありますが、スマホだけでのサイト運営もすることが可能です。

●WEBライター
ニュースサイトやインターネット広告、通販サイトなどのWEBサイトの記事を作成する仕事です。紙媒体の文章を書くライターと異なるのは、単純に掲載する媒体が異なるのみです。

しかし求められるスキルは少々異なっています。見た人を惹きつける文章を書くスキルは紙媒体のライターと同様ですが、それに加えて検索エンジンサイトで上位に表示されるような知識も必要とされます。依頼元が指示してくれる場合もありますが、ライター側から知識として伝えることで、信頼アップにもつながります。

主には1文字何円という計算方法なので、量をこなすことで収入を上げることができ、納品や作成が可能であればスマホだけでも行うことは可能です。

●イラストレーター
依頼元からの希望に合わせてイラストを作成する仕事です。絵を描くスキルの他に、依頼元の求めている内容をしっかりと把握するスキルも必要になってきます。

納品方法は郵送か、スマホで完結するのであればスマホのみで可能です。ただし、イラストの作成自体はスマホのみだと大きなイラストを描くのは難しいので、パソコンや手作業で作成しなければいけません。

イラスト1点で何円、もしくは何点セットで何円という支払いが一般的ですので、量をこなして高い金額で依頼してもらえるイラストを描けるようになることが収入を上げることにつながります。

●WEBデザイナー
WEBサイトを作成するにあたり、ディレクターやコーディネイター、プランナーなどさまざまな職種が必要となりますが、そのなかで一般的にサイト全体のデザインを考えて作成するのがWEBデザイナーです。

しかしWEBデザイナーと呼ぶ範囲は広く、サイトのプランについてはディレクターなど別の担当者がいてWEBのデザインだけを行う場合もあれば、WEBデザイナーがサイトの企画から一人ですべて行うケースもあります。

サイトを作成する方法を知っていることと、サイトをデザインするスキルが必要です。他にも通販サイトであればデザインだけでなく、どのような配置だと購入してもらえるのかといった知識が求められることもありますし、一人ですべて行っているのであれば検索エンジンで上位に表示させるため方法を知っている必要もあります。

サイトのページ数や質などによって報酬金額が変わりますので、よりよいサイトを多く作ることで収入アップにつなげることが可能です。スマホで見た場合やパソコンで見た場合など、さまざまな環境で見た場合のWEBサイトを意識しなければいけませんのでスマホだけでこなすのは難しい仕事といえます。

また1件の作業時間も長くなり長期的な計画が必要となるので、本業が忙しくて日によって作業できる時間が異なる場合には副業として行うのは難しい場合もあり、期間限定で副業にする方もいます。

●ハンドメイド作家
手作りでなんらかの商品を自分で作り、それを販売する仕事です。作成するものとしてはアクセサリー、帽子、インテリア家具などさまざまな種類があります。主にハンドメイドの販売サイトやフリーマーケットサイトなどを通じて販売することになります。

同じサイトの利用者で同様の商品を作っている人が多くいる場合、なかなか自分の商品を買ってもらうのは難しいです。そのため、作るスキルと合わせてどのような方法で販売をするか、人気を出すための商品をどう買ってもらうか考えるなどの販売戦略スキルも必要となります。

収入を上げるためには作るスピードや量、売るスキルに原材料の出費節約など多くのことを複合して考えなければいけません。販売するサイトもスマホ操作できてハンドメイドすることが可能なら環境であるならば、スマホのみで行うことが可能です。

●店舗モニター
店舗モニターや通販モニターとも呼ばれ、ポイントサイトなどで募集されていることがあります。特定のお店に行ったりサービスを利用するなどして、その感想をレポートしたり問題がないかをチェックしたりする仕事です。

大きく分けると、どこかに出向く必要のあるリアルモニターと、ネットで完結する通販モニターに分けられます。リアルモニターであれば飲食の他にエステ、美容院など美容を意識している方にとってうれしいジャンルから、保険相談のような生活に役立つジャンル、プロレス観戦などの趣味で楽しめるジャンルなどたくさんあります。通販型は健康食品や新商品が届くなどの他に、カード入会やネットサービスの利用などです。

特別なスキルは特に必要ありませんが、多くのことに興味を持っているか、または多趣味な人ほど対応できるジャンルが増えます。収入を増やすためには多くの数をこなすことも必要ですが、収入を増やすとは別に、普段の生活で利用していることをそのまま同じくモニター利用することで出費を減らすことが可能です。サイトの利用がスマホでできれば、スマホのみで完結できます。

スマホで副業を始めるための3ステップ

●ステップ1:どんな働き方をしたいのか考える
副業と一口にいっても上記で上げたように非常にたくさんの種類、方法があります。まずはどの程度の収入が必要なのか、どのように働きたいのかを決めておきましょう。金額と働く時間、そして自分のスキルなどを考えると、ある程度仕事は絞られてきます。

副業を考えている人のなかには自分には特技がないと思っている方もいるかもしれません。しかし仕事で身につけたスキルだけでなく、趣味でイラストを描いていたり、サイト作成などをしていたり、アクセサリーの手作りをしているといった方であれば、そうした経験も副業の役に立ちます。趣味なども含めて自分にできそうなことを選びましょう。

また普段フルタイムで勤務をしている方であれば、いつも仕事が早く終わるので夕方から夜の空き時間を活用したい、という選択肢もあります。スマホだけであればちょっとした時間でも収入につながりますので、お昼ご飯を食べたあと、そして通勤退勤の空き時間を有効に使うのもひとつの考え方です。

他にも、結婚を機に退職し家庭内で家事専業をしているけれど、掃除や料理をしたりするスキマ時間がもったいないと思ったことから始める、ということもあるでしょう。育児中の方で、働きたい希望があっても、出勤する仕事は難しいと考えてしまいがちです。子どもが急な病気を起こすこともあるし、子供のことで急に学校などから連絡が入ることもあります。そう考えてしまうと、オフィスワークはなかなか難しいところでしょう。自分のペースで行えるスマホの副業ならば、急な対応があっても問題なく進められます。こうした働き方から自分に合っている仕事内容を決めましょう。

●ステップ2:サイトに登録する
仕事内容が決まったら、その仕事を扱っているサイトに会員登録をします。合間に稼ぎたいのであればポイントサイト、しっかりと時間を使って稼ぎたいならクラウドソーシングサイト、手作り品を販売したいのであればオークションや通販サイトなどになりますが、まずは複数サイトに登録してみても構いません。

サイトの登録内容としては、まずはメールアドレスの入力から始まり、電話番号や生年月日、住所などの情報入力が必要なケースがあります。ネットサービスのアカウントがあれば入力は不要というサイトもあります。例えばdジョブスマホワークではdアカウントでログインすることが可能なので、面倒な情報入力は必要ありません。

●ステップ3:お仕事を検索する
実際にサイトへの登録が完了したら、具体的に自分ができそうな案件の仕事を探します。クラウドソーシングサイトや求人サイトであれば、仕事内容なども詳しく記載されていますので、じっくりと内容を選びましょう。

サイトによっては希望の条件やジャンルなどで仕事内容を絞ることもできます。dジョブのスマホワークであればアンケート、データ入力、アイデア募集などといった項目や、簡単という条件で絞って検索することも可能です。

自分にピッタリな仕事だと思ったらあとは応募するのみです。アンケートなど簡単な作業であればそのまま応募不要で進めていくこともできます。

スマホで副業を始める際の注意点

●サイトの運営実績を確認する
サイトを利用する前に報酬が貰えないなどのリスクを避けるため、そのサイトが本当に安全で信頼できるのかどうかということを調べなければいけません。まず前提として、サイトの運営会社情報が表記されているかを確認しましょう。その会社名やサイト名を調べて、口コミを調べるのもひとつの方法です。その会社への問い合わせ先が全くないという場合には、何か問題が発生しても対応してもらうことができず安心して作業できませんので、避けるべきといえます。

他にもサービス内容を確認してみたら交換額の最低ラインが高い、換金やポイント交換の手数料が高いという評判のサイトは注意が必要です。

他にも、メールアドレスなどを登録するために金銭の支払いを要求するサイトは絶対に登録や振込をしてはいけません。基本的にインターネットサイトの性質上、そのような請求をするようなページが表示されても、無視して問題ありませんので、応じずに別の信頼できるサイトを利用しましょう。

●副業での収入と税金について知っておく
現在勤務している先で年末調整が行われている場合でも、スマホでの副収入があればそれらは雑収入となります。スマホでのサイトを利用して、不要品を売買した場合も同様で副収入にあたります。こうした雑収入が1月1日から12月31日までの期間で20万円を超える場合には翌年に確定申告が必要となります。

また、自分の配偶者が社員として勤務し配偶者控除を受けている場合はパート・アルバイトと同様に一定金額以上のスマホの副業収入があった場合には配偶者控除の対象外となります。社員勤務をしている側の合計所得が1,000万円(給与の収入として1,220万円)以内であれば、配偶者特別控除とすることも可能です。

こうした金額はパート・アルバイトをする際にも月間や年間の給料金額を計算しつつ勤務時間を決めることもあると思いますが、副収入でも金額を計算しながら考えなければいけません。ただし、雑収入は実際の収入金額から必要な経費を差引した金額となるので、自作アクセサリーなどを販売している方は、材料代を経費として計算する必要があります。

空き時間に収入を得ることができるものの、税金を気にしなくてよいというわけではないので、金額によっては支出と収入をしっかり記録しておかなければいけません。

スマホワークでおすすめのお仕事

■アンケート
・仕事内容:日常で身近に利用しているテーマに関してのアンケートに回答するものです。そのテーマはさまざまあり、普段食べている食品や使っている携帯電話、プレイしているゲームなど毎日利用しているようなものから、契約している保険や転職経験などといったものもあり、選択形式のアンケートの他に300文字程度の口コミや簡単な感想なども募集されていることがあります。

・魅力:自分自身のことや過去に経験したことについて回答するので、特に専門的な知識は必要ありません。少し自分の感想などをまとめることができれば大丈夫です。

・報酬:1件のアンケートにつき1~100円前後となっており、あまり収入が高いとはいえません。
ですがインタビューに参加できた場合は8,000円~10,000円前後の報酬を受け取れるというケースもあります。

アンケートのお仕事をみてみる

■ライティング・記事作成
・仕事内容:300文字くらいから1,000文字程度、またはそれ以上の文章を作成する仕事です。
英会話の口コミや動画配信サイトの利用感想、特定の旅行先の体験談など、本格的なライティングではなく身近にあったことのレポートのような文章を作る仕事などがあります。

・魅力:知らないことを調べる必要はなく、経験談や普段利用していることがテーマなので、普段から文章をスマホで打っている方であればやりやすい仕事です。

・報酬:記事1本につき100円前後となっていますが、文字数によっても異なります。
毎日コツコツと続けることで、収入を増やすことが可能です。

ライティングのお仕事を見てみる

■データ入力
・仕事内容:さまざまなジャンルのデータ入力の仕事が用意されています。
例えば特定の通販サイトのなかから商品を探し、そのページのURLの入力や、指定のキーワードを検索エンジンで検索し、そのサイトについての感想を記載する、コンビニ商品の成分などを入力するといったものなどがあります。

・魅力:調べるものが用意されているのであれば、どこにいても少しの時間で行うことができます。
空き時間の利用した収入としてはピッタリといえます。

・報酬:依頼内容や入力件数によって異なるため幅は広いですが、1件のみで5円のものから1セット100円前後というのもあります。

データ入力のお仕事を見てみる

■名刺データ入力
・仕事内容:名刺のデータをテキスト入力するという簡単な仕事で、スマホワークの定番作業となっています。難しい作業には自信がないという方や、始めて副業するから簡単なものから慣れていきたいという方におすすめの作業です。表示された名刺の画像を確認し、該当する項目部分に入力していくだけで、とても簡単です。

・魅力:文章作成や感想のように構成を考える必要もありません。数ある作業のなかでも簡単な作業の部類に入るので、作業をコツコツ続けることが好きな方にはピッタリです。

・報酬:報酬金額は1件1円からです。作業もシンプルで区切りやすいので、一日に何件作業するなどと決めておくと収入目標が立てやすいです。

名刺データ入力のお仕事を見てみる

■写真・動画投稿
・仕事内容:条件に沿った写真をスマホで撮影し、アップロードする仕事です。
特定地域のお店や観光地の写真や海外に旅行にいったときの写真などの他、飼っているペットの写真と文章を合わせて投稿するなどがあり、また撮影写真のアップロードではなく、簡単な動画作成や画像にロゴを入れる仕事などもあります。

・魅力:スマホがあれば写真撮影から投稿まで簡単に参加でき難易度は低いです。もしも既に過去に自分で撮影していたもので該当するものがスマホに入っていれば撮影する必要もありません。特に国内や海外など、旅行に行くのが好きで旅行先の撮影画像がたくさんスマホに入っているという方にとっては、該当する写真を探すだけということもあります。

・報酬:写真投稿の場合は1件で10円からという金額ですが、すぐに画像を撮れない海外の画像などは金額が高く設定されることがあります。また写真加工や動画作成の場合は1,500円以上のものや5,000円を超えるものまでなど幅広くなっており、作業が複雑なものほど金額が高くなります。

写真・動画投稿のお仕事を見てみる

■アイデア募集
・仕事内容:企業の新商品のネーミングやアイデアなどを考える仕事です。コスメ商品、キャラクターのネーミングから記事のキャッチコピーなど多くのジャンルがあります。すべてが、必ず作業したからといって報酬が貰えるとは限らず、複数の応募者のなかから採用された場合に報酬が支払われる成果報酬型と、成果に関わらず一定の報酬が支払われるタイプの2種類があります。

・魅力:応募するタイプは採用されるまでが大変ですが、実際に自分のアイデアが商品に反映された際には、やりがいを大きく感じられる仕事です。またネーミングなどは普段経験できない作業を簡単に楽しめる仕事でもあります。

・報酬:採用するタイプであれば3,000円から20,000円前後と幅広く、作業分支払われるものであれば10セットで250円などと少し低めになります。

アイデア募集のお仕事を見てみる

スマホなら簡単に副業が可能

副業と聞くと掛け持ちといった大変な仕事をイメージする方もいるかもしれませんが、スマホさえあれば簡単にできる副業もあります。スキルを生かす副業の場合はスマホのみだと始めるのが難しい仕事もありますが、dジョブスマホワークであればパソコンなどを用意しなくても空き時間を利用して少しずつ副業を行うことが可能です。

スマホの副業のメリットとして、忙しいときには副業を停止して、余裕のあるときに多めに作業する時間をとりながら、自分の状況に合わせて自由に時間配分ができるという特徴もあります。

働き方を考えたあとはサイトに登録して仕事を探すだけの簡単な手順となっています。もう少し収入を増やしたいけれど本業が忙しく、育児家事でまとまった時間がとれないという方はスマホで副業を始めるのも方法のひとつです。

カテゴリー: 働き たい 時 だけ 働く バイト | タグ: | コメントする

ライフスタイル別おすすめの副業23選|お仕事の内容と選び方のコツ

ライフスタイル別おすすめの副業23選|お仕事の内容と選び方のコツ

各企業で残業時間の見直しや在宅ワークなど働き方の見直しが進んでいますが、副業を許可する企業も増えています。現在では、クラウドソーシングサイトを通じて副業を行う、趣味で作ったハンドクラフト用品を販売するなど、さまざまな副業が存在しています。今回は副業を選ぶときのポイントや実際に働く場所、そしておすすめの副業や副業を行う際の注意点までを解説します。

副業を選ぶときのポイント

副業を選ぶときはまず、自分のライフスタイルに着目しましょう。仕事やプライベートなどの時間と副業の時間を考え、一週間にどれくらい副業に時間をあてることができるのかを考える必要があります。

何も考えず勢いだけで始めてしまうと、本業がおろそかになるか、もしくは働きすぎで体調を崩してしまって後悔することになりかねません。ここではライフスタイルや働く場所、職種などを具体的に考えてみましょう。

●ライフスタイル
副業を始めるときにまず考えるのは、自分の生活時間の中で、一体どれだけ副業に時間をあてることができるかです。サラリーマンやOLなら副業にあてることのできる時間は、平日の夜や、会社が休みの日に働くことができる仕事という条件が付くでしょう。専業主婦なら育児や家事の合間でできる仕事、学生なら授業時間や自宅での勉強時間以外の時間を副業にあてることができます。

しかしいくら稼ぎたいと言っても一日、一週間と休みもなく働き詰めだと体が持たないので、副業をするときはしっかりと体を休める時間も作るようにしましょう。

●働く場所
副業の場合、職場で働く以外にも在宅で働くという選択肢があります。在宅の場合は自宅で仕事をすることができるので、時間帯を気にせず行うことができます。しかし仕事に熱中するあまり、睡眠時間を削ってしまう、気がゆるんでだらだらとしてしまうといったことが起こりがちです。外で働く場合、自宅の近くに副業で働く場所を作れば、会社や学校が休みのときには自宅からの通勤が非常に楽です。

会社や学校の近くの場所で働くのなら、学校や会社が終わってからすぐに行くことができます。平日に学校や会社が終わったあとに副業をしたい場合は、学校や会社から近くにあれば通勤が楽になるでしょう。

●希望報酬額
副業を始めるときに気にしたいのが、希望する報酬額です。お小遣い程度の金額を稼ぐのか、生活費の足しにできるくらいの額を希望するかで選ぶ仕事が変わってきます。そしてサラリーマンやOLの場合、副業で一年間に20万円を超えてしまう場合は、会社で行う年末調整のあとに個人で確定申告をして副業で稼いだ金額を申請しなければなりません。

●希望職種
副業は「空いた時間で行う」のが基本のため、働く時間や報酬金額で選んでしまいがちです。しかし、いくら副業でも好きでもない仕事を選ぶと、次第につまらなくなってしまったり、やる気が出なくなりすぐにやめてしまう人が多いです。

副業でも好きな仕事を選んで行えば、楽しい気持ちで仕事ができるので長続きしやすいので、やりたい仕事で時間帯や報酬額が見合うものを選ぶのも副業選びのポイントとなります。

副業

普段会社勤めの人におすすめの副業

在宅でできる仕事もオークションや株、代行業などさまざまなものがあります。ここでは会社勤めをしている人におすすめの副業をご紹介していきます。

●フリマアプリやネットオークション
Yahoo!オークションのようなオークションサイトやメルカリといったスマートフォン用のフリマアプリを使えば、自宅の不用品を気軽に売ることができます。自分では価値がないといったものでも、オークションでは高額になる場合があり、自宅内の不用品整理もできて一石二鳥です。

しかし、フリマアプリやネットオークションで出品は誰でもできますが、必ずしも落札されるわけではなく出品しても買い手が付かないこともよくあることです。落札されたあとも直接落札者と金額振り込み先などのやりとり出品者が自分で行わなければならず、入金確認や商品を自分で梱包して発送する手間がかかります。

●ブログ
ブログ運営でも副業をすることが可能です。ブログ運営でも副業をすることが可能で、自分でアフィリエイトOKのブログ用のサーバーを借りてワードプレスなどのシステムを使って始めるものと、無料レンタルブログを借りる方法があります。自分でブログを作成したブログ・レンタルブログともにPCだけでなくスマートフォンから更新することが可能なので、いつでもどこでも作業をすることができます。個人ブログでは自分で作成したハンドメイド作品を紹介して、購入者を募る形での副業も可能です。

PCがあればお金をかけることなくブログをすぐに開始することができ、在宅で行うこともできますし、自分のライティングスキルを生かすことのできる仕事です。しかし収入を得るためにはブログのアクセス数を稼がなければならず、アクセス数を稼ぐにはキャッチーなタイトルを付けたり、読者が引き込まれるような文章や誰もが読みやすい文章を書いたりする工夫が必要です。

●ポイントサイト
ポイントサイトでの副業はとても簡単です。ポイントサイト内でゲームなどのサービスを利用したり、ポイントサイト経由でポイントサイトと契約しているサイトのサービスを利用したり、商品を購入することでポイントを獲得することができます。

獲得したポイントは貯めた数量次第で換金する、もしくはネットショッピングで利用できます。PCだけでなくスマートフォンのアプリを用意しているサイトも多いので、PCかスマートフォンがあればすぐに始めることができ、在宅で行うことができます。

しかし会員登録やショッピングなど、とてもシンプルな作業なので、報酬金額はそこまで高くない場合が多く、換金やショッピングで貯まったポイントが使える最低ポイント数が決まっている場合が多いです。

 

主婦におすすめの副業

子育て・家事と何かと忙しい主婦の方にも、おすすめの副業は多数存在します。内。主婦向けの副業は誰でも気軽にできるものから、専門的な知識が必要になるものなど仕事の幅が広いです。

●クラウドソーシング
クラウドワークスやランサーズといった、クラウドソーシングサイトを通じて、仕事を獲得して作業し報酬を得ることができ、在宅でできる仕事が多いです。自分のマイページのプロフィールやポートフォリオなどに、自身の持つ知識やスキルを掲載して公開することで仕事の受注につなげていきます。

しかし自分ひとりでクライアントとの交渉や営業活動、収入の管理を行うため、ライティングやプログラムといった仕事に関しての知識のほかに、マーケティングや人事・労務・経理などといった知識も必要となってきます。

デザインやプログラムといった専門性の高い仕事は探しやすく、業種によっては高収入を期待することができます。しかしその分高いクオリティを要求されたり、体調が悪くても納期を伸ばしてもらえなかったり、自己管理能力が問われるといったデメリットがあります。

●データ入力
オンライン上でクライアントの用意したシステムを利用して入力するか、エクセルやワードなどを利用して納品します。入力元になるデータはクライアントが用意するものと、クライアントから指示された内容をインターネット上などで探して入力するタイプがあります。

比較的スケジュールの都合を付けやすいものが多いですが、急ぎのものとなると受注から納品までの日程がタイトなものが多いです。出来高制のことが多く、高収入を得るためには一定の時間が必要となります。

●内職
PCやスマホを使ったものとは違い、内職の仕事は商品の箱を組み立て、シール貼り、輪ゴムどめなどの手作業が多いです。契約した会社から必要な材料を受け取って自宅で作業しますが、材料は届けに来る場合と自分から取りに行く場合があります。

自宅で空いた時間にコツコツと作業を行うことができ、専門的知識や専門スキルがなくても行うことができる単純作業が多いですが、出来高制のことが多く、副業で高収入を期待している人には向きません。また材料や完成した納品物を置くスペースも必要となるため、意外と場所を取ります。

 

知識やスキルを生かしたい人におすすめの副業

イラスト描きやPCスキル、デザインなど自分の持っているスキルや知識を生かすことも可能です。また、ハンドメイドのように自分の趣味と実益を兼ねた副業をすることもできます。

●ハンドメイド
ハンドメイドが趣味の人には自分が作成したアクセサリーや小物を販売するという副業がおすすめです。販売方法はフリーマーケットのほかに、ハンドメイド小物販売サイトを利用する、雑貨屋や美容室に制作したものを置かせてもらうなどの方法があります。

特にノルマなどもなく、在宅で空き時間を利用して行うことができ、自分の好きなものを作ることができるので、主婦の間で人気の副業です。

しかし、完成作品の仕上がりを気にして素材を追求していくと、費用が大きくなることがあります。また素人のハンドメイド作品でもクオリティの高い商品が多いため、自分ではよいと思っていても購入者側からクオリティが低いと判断されてしまうと、購入してもらえない場合があります。

売れ残った商品は在庫になって自宅での保管場所を取りますし、在庫がたまってくると人によっては精神的なダメージを受ける場合もありますので、これらの点を考慮すべきでしょう。

●Webライティング
Webライティングとは、出版社向けの記事作成ではなく、Webサイトに掲載するための記事やテキストを作成する仕事です。クラウドソーシングサイトや自社のサイト上でライターを募集しています。自社サイトに掲載する記事のほか、ブログやアフィリエイト用記事などがあり、ジャンルも日用雑貨や美容、ペット、金融関係などさまざまなものがあります。

自分の得意分野の記事の執筆はもちろんですが、苦手分野でも記事を書いていけばその分野の知識が増えていき、在宅で仕事をすることができます。また執筆速度が速いと効率的に仕事をこなすことができるようになり、執筆数を上げることになり収入増加につながります。

しかし、どんな文章でもよいわけではなくWebならではのSEO対策や、読者をひきつけるような記事など高い完成度を要求されることが多く、モチベーション管理をしっかりと行わないと執筆速度や記事の内容の質が落ちてしまいます。

納品日が決められていることがほとんどなので、スケジュール管理や自己管理が苦手な人には向かない仕事と言えます。

●Webデザイン
Webデザインはチラシや広告などのデザインではなく、Webサイトそのもののデザインでサイト設計なども含まれる場合もあります。個人でHP作成をしている、デザイン会社で勤務している人などにおすすめの副業です。PCがあればすぐに始めることができ、実際に会社で働く場合もありますが比較的勤務場所に関しては制約がないことが多いです。

しかしPCやスマートフォンなど閲覧環境に合わせたHP作成をする必要があるため、デザイン能力以外にもHPを制作するためのHTMLやCSS、PHPなどのプログラムの知識が必要となってきます。
またデザインのセンスが問われ高い完成度を要求されることが多く、クライアントが納得するまで修正する必要があるため、クライアントとのやり取りにストレスを感じてしまう人も多いです。

●株式投資
株式投資は自宅で株の売買をPCやスマートフォンを使って行います。在宅はもちろん、スマートフォンアプリを用意している会社もあるので、場所を気にせず行うことができます。株取引に成功すれば、高収入も期待できます。

しかし、株取引に関しての専門的知識が必要になりますし、株は世界情勢などに左右されやすいため一瞬で大金を無くしてしまう危険性もあります。そして株価は常に変動しているものなので、市場を細かくチェックしなければならないというデメリットがあります。

 

終日いつでも働ける人におすすめの副業

会社が終わったあとや、家事の合間などといったスキマ時間ではなく、丸一日働くことのできる人におすすめの副業があります。ここで紹介するのは在宅ではなく、外で働く仕事となりますが、会社が休みの日などにシフトを入れやすいものが多いです。

●覆面モニター
「モニター調査」という名称で呼ばれることもあります。モニター調査専門で人材を募集しているサイトもあります。

仕事内容は、一般客として指定されたお店を訪れ、商品購入やサービス、店内の雰囲気などをチェックして調査用紙に記入し提出します。お店に行く時間はある程度自由に設定できるのでスキマ時間を利用することが可能ですし、お店の情報に詳しくなることもでき、サービスをほぼ無料で受けることが可能です。

しかし調査費用はあとから謝礼と一緒にもらうので、調査時は自分で一度お金を払わなければなりませんが経費として精算することができる場合が多いです。

調査項目は細かいことが多く、細かな内容を記載する必要があり、仕事は不定期になることが多いので希望する日に必ず仕事があるとは限りません。

●代行業
家事や介護、園児の送り迎えといった作業を依頼者に代わって行う仕事で、主に仲介サイトに登録して、マッチングした依頼者の仕事をこなすことが多く、介護や料理など自分の特技を生かすことができ、初期投資費用もほとんどかかりません。人と接することが好きな人向きの仕事と言えます。

しかし、介護のように資格が必要なものや、場合によっては認可が必要となってくる作業もあります。ネット上ではなく直接依頼者の元へ行って作業をするので、依頼者とトラブルが起きないように注意しましょう。

●運転手
会社社長の運転手といった特定の個人ではなく、代行運転の仕事なら単発でも働くことができます。主に高齢者や飲み会などでお酒を飲んだ人の代わりに車を運転する仕事です。

タクシーやバスなどは専門的知識が必要となりますが、代行運転の場合には普通自動車第一種免許だけで始めることが可能で、第二種免許を所有している人のほうが高収入を得やすいです。

しかし、代行運転の場合はいつ依頼が来るかわからないので勤務時間中は常に待機していなければならず、お酒に酔った依頼者とのトラブルや、交通事故には十分な注意が必要です。

●YouTuber
動画サイト「YouTube」をよく観るという人なら、YouTuber(ユーチューバー)という副業の選択もあります。YouTuberは動画配信者のことで、自分が作成した動画をYouTubeに投稿して、動画の間に入る広告視聴回数に応じて報酬を得ることができるのです。

動画作成は、ノートPCと編集ソフトなどがあれば誰でも気軽に自宅で始めることができますし、人気が出れば有名人になり高収入が期待できます。

しかし、常に新しい話題を探し動画を投稿し続ける必要があり、動画作成には時間がかかります。PCのスペックもある程度のものが必要で、編集ソフトなども必要になるため人によってはコストが高くなってしまう仕事です。

そして一番のネックは有名になれる人はほんの一握りという状況で、利益を得るには一定数の再生数などをYouTube側が設定しているなど狭き門となっています。

●治験
製薬会社の新薬のモニターをする治験は、病気の人だけではなく、健康な人を対象としたものもあり、病院内に広告チラシを貼ってあることもあります。また、治験サイトで対象者を募集している場合があります。

治験に参加すると健康診断を無料で受けることができる場合があり、自分の体で薬の効果を確かめるということもあってか時給制の副業と比較すると報酬は高いです。

しかし具体的な試験内容を教えてもらうことができない場合があり、開発中の薬のため、人によっては体質に合わずに副作用が出てしまうこともあります。治験の仕事は定期的には行っていないため、毎月決まった額の収入を得ることは難しいです。

●警備員
商業施設などの駐車場やイベント会場の警備や夜間人のいなくなった商業施設やビルなどの警備を行います。昼間のイベント会場や商業施設などの警備は立ちっぱなしで体力を使うことが多いですが、夜間の商業施設やビルの警備は基本的に詰め所にいて、決められた時間になると施設ビル内を見回りするという業務内容がほとんどなのであまり体力を使いません。

夜間警備の場合は昼夜が逆転してしまうため、生活のサイクルに影響が出てしまうことが多いので注意が必要です。

●イベントスタッフ
コンサート会場やイベント会場などの設営や来場者の誘導、チケットもぎりといった仕事内容です。比較的空いている日に仕事を入れやすいので時間の有効活用をすることができ、長時間の勤務になるので報酬額は高めになっています。

しかし会場設営は力仕事が多く、来場者の誘導やチケットもぎりなどは長時間立ちっぱなしなので、膝や腰を痛める人もいます。またイベントがないと仕事が発生しないため、毎月決まった額の収入をイベントスタッフだけで得るのは難しいかもしれません。

●清掃スタッフ
ビルや商業施設、行楽施設内の清掃業務がメインで、他人と接することが少ない仕事です。

昼間だけでなく夜間や早朝に業務があることも多く、夜間・早朝の仕事を多く入れてしまうと生活のサイクルに影響が出ることがあるのでシフトの入れ方は注意したほうがよいでしょう。また掃除の仕方が雑だと、クレームが付いてしまうこともあります。

副業を始めるときの注意点

誰でも気軽に始めることのできるものが多い副業ですが、始めるときに少し注意しなければならないことがあります。知らないで副業を始めたあとでトラブルになることのないよう、しっかりと覚えておきましょう。

●社内規定の確認
副業を始めるにあたって、会社勤めや学生の場合は、会社や学校が副業を認めているかどうかを必ず確認してください。

会社勤めをしている場合、会社によっては副業を一切禁止していることがあります。「黙っていればバレない」と思っていても、確定申告をすることにより、会社の年末調整で申請した金額が訂正されるので、住民税の金額などから会社に伝わる可能性もあります。

また黙っていても周囲の人間から、会社や学校に通報されることもあるので、働いている会社や通っている学校で副業を禁止している場合には規定に従うようにしましょう。

●各職種の特徴を把握し比較検討
会社や学校が副業を許可している場合には、副業として選ぶ業種の特徴などをしっかりと把握して検討することが必要です。「簡単だろう」という思い込みだけで始めてしまうと、「こんなはずじゃなかった」と後悔することになりかねません。

副業を決めるには、選ぼうとしている仕事の難易度や、副業を始めるにあたって初期投資金額がどれくらい必要になるのか、副業を続けるうえで毎月いくらくらい決まった額の出費があるのかを考えましょう。

自分が始めようとしている副業の初期投資を考えていても、その後の費用まで考えていないと失敗してしまいます。あとからお金が足りないというようなことにならないよう、しっかりと金銭面は把握しておきましょう。

そして希望する職種ですぐに働くことができるのか、本職と並行して長期間働くことができるのか、報酬金額が作業内容に見合っているか、自分の希望する最低金額になるかをじっくり検討しましょう。

あまりにも作業内容に見合わない低賃金だとモチベーションも下がってしまい、副業をやる気力が失せてしまいます。長期間副業を続けるためには、しっかりと仕事内容や賃金などを吟味することが大切です。

自分のライフスタイルにあった副業を選びましょう

副業を始めようと考えるとき、まずは自分のライフスタイルを見直してどれくらい副業に時間を割くことができるのかを考え、働ける時間と自分のスキルや性格に合ったものを吟味することが大切です。

すぐに働けるからと、好きではない作業を行っていると飽きてしまうか、ストレスを感じてすぐにやめてしまうことになりかねません。作業内容と賃金が見合ったものを選ぶと副業に対するストレスも低くなり、長期間続けやすくなります。

副業を探すときには、募集している企業やサイトで実際に働いている・働いていた人の口コミなども参考にして考えることをおすすめします。

また会社や学校が副業を許可しているかも大切なことなので、開始してから確認を取るのではなく開始前にきちんと確認を取りましょう。禁止されている場合は隠れて副業を行っていても、隠していることがストレスになったり、発覚した場合は何らかの処罰を受ける可能性があるというリスクがあるので、会社や学校で副業を禁止しているときは規定に従うようにしましょう。

カテゴリー: 働き たい 時 だけ 働く バイト | タグ: | コメントする

女性におすすめの副業|お仕事の内容と注意点をタイプ別に解説!

女性におすすめの副業|お仕事の内容と注意点をタイプ別に解説!

女性の社会進出もかつてと比べると大きく発展していなす。しかし、まだ男性との職業格差や収入面でも開きがあるという一面もあるのではないでしょうか。

そういった中で、副業を検討している女性が近年では増えているといわれています。また、収入面だけではなく、仕事への生きがいややりがいをもとめて、積極的に副業やWワークを実践している女性も多くなってきています。

女性にとっての副業の求人数、実際に従事している女性の数も拡大傾向にあります。一口に副業といってもお小遣いレベルから本格的なWワークまで様々なレベルがあり、多種多様であるといえます。

では、どのようなタイプのWワークや副収入の方法があるのでしょうか。特に女性におすすめの副業にスポットをあててみてみましょう。

副業を始める前に押さえておきたいポイント

副業、またはダブルワークを始める前に、まずはその職種や職業を選ぶポイントを確認してみましょう。自分自身の状況や環境などをよく検討した上で選び、後々後悔することのないようにしましょう。

●勤務時間
一口に「女性の副業」といっても、メインの仕事をしているのか、普段は仕事をしていない、つまり主婦の方が副業をするのかで変わってきます。それぞれの立場で働ける時間帯や、就業時間が違います。
ご家族のいる方であれば、ご家族に合わせて働ける条件を考える方が多いでしょうし、メインの仕事をしている女性であればその時間を避けた就業を選ぶことになります。
両者ともにメインの仕事、あるいは家族との時間に影響しない範囲でできる仕事を検討することになります。

●自分の「やりたいこと」と「できること」を自己分析
副業の場合、比較的自分の得意分野や特技を生かす職業を選ぶことが多いものです。しかし、「やりたいこと」と「できること」は別物です。
例えば、「絵が得意」「文章が書ける」などの長所を生かすことができれば、それに越したことはありません。とはいえ、その技術が仕事に耐えられるだけのレベルにあるのか、または持っている技術に適した仕事があるのか、現実的に検討しなければなりません。

しかし、自分のやりたいことを副業で行うことは、メインの仕事とモチベーションが違うはずです。ただお金のためだけに、メインの仕事以外に時間を使うより、希望する職種に挑戦してみること大切なことです。
それだけに、「こんなことを副業にしたい」という要望と同時に、冷静にできることは何か、自己分析をすることが必要です。

●毎月の目標額を設定
また、副業をするにあたってはその報酬額の目標を定めてみましょう。最低限これだけ欲しいというボーダーラインを決め、最初から高すぎる目標だと失敗する可能性があるので、よく検討することが大切です。
無理な目標額を定めると、場合によっては本業や家族に迷惑をかけてしまうかもしれません。副業は時間も収入金額も無理なく計画的に進めましょう。

女性におすすめの副業:成果報酬型

女性におすすめの副業に、成果報酬型というタイプのものがあります。成果に応じて報酬がもらえる仕事のことを言います。ここでは、この成果報酬型の副業について説明します。

●アフィリエイト系
アフィリエイトとは「自分のブログ、あるいはサイトにおいて、企業の商品を宣伝し、その成果によって報酬を得られる仕組み」のことをさします。アフィリ、アフィといった略称もあります。
アフィリエイトで収入を得る方法として、ブログを執筆するというものがあります。この場合、アフィリエイターは企業の依頼にもとづき、売りたい商品をアピールする、あるいは関係する内容のブログをアップし、その成果に応じて報酬を受け取るのです。
ここで知っておくべきなのは、報酬が発生する条件でしょう。ブログの広告がクリックされた時、広告がクリックされ、かつ商品が購入された時、いずれかになります。

●投資系
投資とは資産運用のことです。まず、代表的されるのは株式投資です。株主となるためには、株を購入して企業へ出資します。これを資金に企業は事業を展開し、その利益に応じて株主は配当金を得ることができるものです。

●内職系
従来からある内職系も成果報酬型の仕事です。流通する商品のラベルシールを貼り付ける「シール貼り」、「箱折り作業」といった紙製品を加工する仕事は、まさにイメージどおりの内職でしょう。
また、インターネットの発達とともに新しい内職も増えてきました。録音データを視聴して、文章に起こしていく「テープ起こし」、また、アンケートサイトで様々な質問に回答をする仕事もあります。

●不要品処分
ネットオークションを活用して収入を得るという、転売系の副業もあります。オークションサイトで不要なものを出品するだけなので、ネット環境があるのであれば比較的、取り組みやすい副業だといえます。不用品の処分にもつながるというメリットがあります。
出品者の作業としては、商品を撮影する、商品の説明文を作成する、落札されたら発送するといったものになります。最初にするべきは、数多くのオークションサイトから出品するサイトを選ぶことです。

●専門職系
WEB媒体に掲載される文章を執筆する「WEBライター」なども需要が高まっているといえるでしょう。
執筆をしてほしいクライアントと執筆をしたいライターを仲介するクラウドソージングサービスを利用したり、クライアントと個人で契約をしたりします。そして、執筆した成果物を納品することで、成果報酬を得られるのです。また、WEBライター同様に、翻訳を専門として活躍をしているひともいます。
専門職系として他にあげられるのは、クラウドソージングサービスでも需要がある、プログラマーやシステムエンジニアです。これには、相応の専門的な知識が必要です。

●店舗モニター
いわゆる「覆面調査員」のことです。小売店や飲食店を一般客として利用しながら、依頼主からのチェックリストにもとづいて、幅広く店舗について調査します。
例えば、スーパーやコンビニといった小売店では、売り場では商品の配置や陳列、レジではスタッフの対応を事細かにチェックします。飲食店の場合だと、実際にサービスを受けながら食事をして、サービス内容から提供される食事の品質まで判定します。

女性におすすめの副業|時間報酬型

女性のおすすめの副業には、時間報酬型と言われるタイプのものがあります。これは、働いた時間に応じて報酬がもらえるものです。ここでは、時間報酬型の副業について説明します。

●教職系
副業としてインストラクターやカウンセラーの仕事をすることができます。
ヨガ・ピラティスのインストラクター、フィットネスジムのインストラクター、最近ではキッズ・ダンスの需要もあるようです。サマースポーツに代表されるサーフィン、ウィンタースポーツに代表されるスキーなど、シーズン限定の仕事も存在します。
また、カウンセラーを副業にすることもできます。副業の業務経験から本業にすることを目指している人もいます。
いずれにしても、専門的な能力や知識が求められる仕事です。

●代行系
家事や育児を代行する副業があります。ベビーシッターや家事代行がこれに該当するものです。
ベビーシッターの勤務にもいくつかスタイルはありますが、一般的なものでは依頼者の自宅を訪問し、依頼者が帰宅するまで子どもの世話をします。
家事代行サービスと家政婦さんが混同されることがありますが、家政婦さんは個人契約、家事代行サービスの場合だと、サービス会社からその時々に応じてスタッフが派遣されることになります。炊事・掃除・洗濯など、一般的な家事を代行します。
どちらも、共働き世帯、あるいは高齢世帯の増加にともなってニーズが高まっているといえるでしょう。

●美容系
美容系の専門知識を活かせる仕事として、ネイリストやカラーセラピストがあります。
ネイリストは女性の指先にネイルを施すばかりでなく、ネイルケアを行ったり、巻き爪の矯正を行ったりする場合があります。ネイルに関する知識とセンスと技術力が求められる仕事です。
カラーセラピーとは色彩によって心の治療をすることを指します。この施術者をカラーセラピストと呼びます。相談者のカウンセリングとアドバイスが主な業務です。

●事務系
事務系の仕事は女性に人気があります。同じ事務職ではあるものの、経理事務と医療・調剤事務とでは業務内容に違いがあることを知っておくべきです。
経理事務は金銭の管理をする仕事です。数字をスピーディーにミスなく入力することが求められます。そのため、ある程度の経験やスキルが必要な場合もあるようです。
医療事務、調剤事務、介護事務は、それぞれの点数表をもとに、それぞれの機関の医療・調剤・介護の費用を計算することが仕事とされていますが、現場においては実際に会計をしたり、来院者の対応をしたりと、幅広い業務をこなすことになります。

●アルバイト・パート系
いわゆる「掛け持ち」で、アルバイトやパートをする選択肢もあります。近場だったら、スーパーのレジスタッフ、各部門スタッフであったり、コンビニのスタッフであったりがあげられるでしょう。飲食店のホールスタッフ、キッチンスタッフもあります。キッチンスタッフには、調理スキルが求められるケースもみられます。
また、ショップ店員として働くこともできます。販売員という職種にあたり、取り扱っている商品を販売する仕事になりますが、陳列や会計など幅広い業務に携わるものです。

女性におすすめの副業|スマホ活用型

ネット環境が発達した近年では、スマートフォンを活用した副業もみられるようになりました。ここでは、女性におすすめできるスマホ活用型の副業について説明します。

●アンケートモニター
アンケートモニターとしてアンケートに答えて報酬を得ることができます。自分のできる範囲で、答えることができるアンケートに回答する仕事なので、在職者ばかりでなく、家事や育児と両立をしたいという女性にも人気があります。
アンケートサイトに登録をしてから仕事を開始します。現金で収入を得られるものと、ポイントで収入を得られるものとがあるので注意をしておく必要があるでしょう。

●ポイントサイト
ポイントサイトに登録して、獲得ポイントによって収入を得る方法があります。スキマ時間にサイト内のゲームをしたり、広告をクリックしたりすることでポイントを獲得できるシステムであるものが多いです。
留意しておくべきなのは、いくらからポイントを換金できるか、どのように換金できるかという2点です。サイトによって100円から、300円からなど、最低換金額が異なります。さらに、現金に換金できる、電子マネーや商品券に換金できる場合、またANA/JAL両方のマイルに換金できるサイトもあります。

●写真販売
写真撮影を趣味としている、あるいはスキルがあるという場合、自分で撮影した写真を販売することで収入を得ることが可能です。写真販売サイトに登録をして写真を販売します。
販売をするまでに審査を通過しなければなりません。この審査が厳しいという指摘もあります。各販売サイトの規約を理解して、審査に出すべきと言えるでしょう。写真を撮影するだけなら誰にでもできるように思えますが、ある程度のクオリティーも求められています。

●フリマアプリに出品
フリマアプリを利用して、スマートフォンから不要なものを販売し、収入を得ることも副業として検討すべきでしょう。オークションと違う点として、固定の価格での取引が中心となることがあげられます。各アプリでは、出品者と落札者がトラブルにならないよう工夫されていることも特徴です。
アプリによっても出品者・落札者それぞれの手数料であったり決済方法であったりが違ってくるため、自分にとってどのアプリを使用することにメリットがあるのかを考えて選ぶのがいいでしょう。

副業を始める際の注意点

女性に限らず、副業を始める際には気を付けなければならない点があります。副業開始前にその注意点をみてみましょう。

●会社が副業を認めているか確認する
やはり気になるのは本業であるべき勤め先の企業が、副業をどのようにとらえているかでしょうか。主婦の方がバイトをするのと違い、会社勤めのOLの方などは、まず社内規定で副業が許可されているかどうかを確認するようにしましょう。
最近は急速に大手企業も副業を解禁し始めていますが、その背景には日本の社会や経済の在り方に大きな変化があります。正社員が減り、本業だけでは収入を維持できなくなっていることも原因でしょうが、ワークスタイルの多様化も大きな原因のひとつです。
それゆえ、副業禁止の会社でも、丁寧に説明することで納得することもありえます。むしろ、多様な人材や優秀な人材を確保するためにも、各企業が副業解禁、あるいは自社を副業として雇用の開放をするケースも見られています。
確かに、Wワークを認めるのが社会のトレンドですが、実際はまだ副業NGの企業も多いのも事実です。後々トラブルにならないようにすることで、副業も安心して取り組めます。

●無理をしない
本業や家事育児の合間に別な仕事を入れると、やはり時間も体力も使います。最初は張り切ってこなすものですが、やがて緊張もほどけてくると身体に負担を感じることもあります。
特に無理なシフトやスケジュールで副業を組み入れると本業や家事に影響が出てきます。これでは本末転倒となりますので、周囲や本業である会社に迷惑をかけないようにしましょう。
適度に身体を休めたりリフレッシュしたりすることで、ストレスを解消してください。そして、何よりも時間と体力のバランスがとれるような副業の取り方を実践することが大切です。

●確定申告が必要な場合もある

副業をこなすことで収入は確実に上がります。本業の他に収入がある場合、年間20万円までであれば所得税の申告は不要ですが、それを超えると確定申告を行わなければなりません。

副業すると確定申告が必要?押さえておきたい基礎知識と申告の方法

特に、主婦の場合は配偶者の収入とのバランスを考える必要があります。いわゆる103万円の壁というものですが、年収が103万円までは優遇される仕組みです。103万円を超えると所得税が発生しますから、103万円より104万円は実質収入が下がります。
さらには年収130万円以上になると配偶者や親からの健康保険の扶養から外れます。つまり自ら健康保険料を払う事になるのです。これも給与の額によっては損することになるのです。
なお、2018年度からは税制改正が実施され、控除を受けられる上限が103万円から150万円に上がります。つまり103万円の壁から150万円の壁に替わるということです。
いずれにしても副業の金額によっては確定申告が必要になので、よく検討したうえで副業に関する収入金額や働き方を決めるようにしましょう。

自分にあった副業で、自分らしいライフスタイルを

女性が副収入を得る方法にはさまざまなタイプがあることが分かります。ネットやスマホの発展で、フリーマーケットやアフェリエイトなど今まで想像もしなかった収入方法をもたらしています。

ここ数年で副業、Wワークの在り方も大きく変化しています。在宅ワークの広がりや、テレワークの発達は主婦や女性の働き方を大きく変えつつあります。出産や育児を考えると女性にとって、在宅ワークの発展は大変心強い傾向です。専門性の高い職業で、スキルを上げることができれば副業からフリーランスへの道も開けています。

副業といっても実にさまざまなタイプがあり自分らしいライフスタイルの確立にも役立つといえます。自分らしさを失わず、副業を活用することで人生の設計図を描いてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: 働き たい 時 だけ 働く バイト | タグ: | コメントする

103万円の壁が150万円の壁に!配偶者控除の改正ポイントを解説

103万円の壁が150万円の壁に!配偶者控除の改正ポイントを解説

パートやアルバイトなどで働く主婦なら、「103万円の壁」という言葉を一度は耳にしたことがあるでしょう。その「103万円の壁」が、2018年から見直され、制度が変わることになりました。「103万円の壁」は、「150万円の壁」になるといわれています。しかし、そもそも「103万円の壁」とは、具体的にどのような制度で、どのように「150万円の壁」に変わるのでしょうか。そして、これからはどのような働き方をすれば得なのでしょうか。詳しく説明していきます。

103万円の壁とは?

●所得税の配偶者控除のボーダーライン

「103万の壁」の壁とは、簡単にいうと、所得税の配偶者控除のボーダーラインのことです。ただ、これについて説明する前に、配偶者控除についてしっかりと理解しておくとわかりやすいでしょう。

〇「配偶者控除」と「配偶者特別控除」

・配偶者控除「配偶者控除」とは、扶養する家族(配偶者)がいる世帯の場合、そうでない世帯に比べると、生活費が余計にかかることを考慮した上で、税金を調整する制度のことで、1961年に制定されました。
扶養する家族がいると、単身世帯に比べて多くの生活費がかかるため、税金を差し引こう(控除しよう)ということです。この控除額は38万円となっています。

・配偶者特別控除

「配偶者特別控除」とは、配偶者の所得が一定の額に達したときにすぐに税金額が多くなるのでは負担が大きいので、段階的に増やしていく制度のことです。これは1987年に制定されました。
「配偶者特別控除」は、世帯主の年収が1,220万円以下で、配偶者の年収が103万円から141万円未満の場合に適用されます。配偶者の年収に応じて3万円~38万円の間で段階的に変動する控除が受けられることになっています。141万円の上限を超えると、控除額は0円になります。

〇103万円とは?

「103万円の壁」の103万円とは、配偶者が世帯主にとって、扶養する家族でなくなる、配偶者自身の年収の上限額のことです。配偶者がパートやアルバイトなどで得た年収が103万円を超えると、扶養から抜けて配偶者自身に所得税がかかるようになります。それと同時に、世帯主の所得税の負担も増えます。

この103万円という数字は、基礎控除の38万円と、給与所得控除の65万円を足した数字です。基礎控除と給与所得控除などといった控除があるのは、必要性の高いものに向けられる所得の部分に課税するのは控えようという考え方のことです。

●2018年に「103万円の壁」が「150万円の壁」に変更

配偶者控除を受けられる上限が103万円以下から150万円以下に引き上げられたのが2018年のことですので、記憶にも新しいのではないでしょうか。配偶者の給与収入が150万円以下であれば、世帯主はこれまでのように配偶者控除を受けられます。配偶者特別控除も、配偶者の年収の上限が201万円以下まで拡大しました。

ただ、これまでと違うのは、配偶者控除や配偶者特別控除を受けられる条件に、世帯主の年収が加わったことです。その年収の額は、3区分に分けられ、1,120万円以下と、1,120万円超~1,170万円以下、1,170万円超~1,220万円以下です。配偶者控除も配偶者特別控除も、この3つの区分で、それぞれ控除額が変動します。

〇改正の背景

配偶者控除には様々なデメリットが指摘されています。例えば、女性の社会進出を阻んでいるという意見や、専業主婦を優遇する制度という意見、単身世帯や共働き世帯との税負担のアンバランスである、などというようなものです。このような問題点を指摘され、廃止をするべきだの声もありました。しかし、保育園不足や介護などで、どうしても働けない事情のある人もいるなどの意見も多く、廃止ではなく見直されることになりました。

改正にあたっては、働きたい人が就業調整を意識しなくてすむ仕組みを構築し、女性の社会進出を後押しするという要素も考慮されました。

見落としがちな150万円の壁の注意点

●収入が150万円以下でも扶養から外れるケースがある

年収が150万円以下でも、扶養から外れてしまうことがあります。所得の種類によっては、控除を受けられる年収の上限が変わってしまいます。所得の種類としては、以下のようなものが代表として挙げられます

・給与所得 パートやアルバイトの収入
・不動産所得 不動産経営による収入
・譲渡所得 株の売買による収入
・雑所得 ネットオークションやフリマアプリでの商品売買

不動産給与所得以外の所得は、65万円の給与所得控除を受けることができません。給与所得とその他の所得の合計が123万円をこえると、世帯主の扶養から外れてしまいますので、副業をしている場合は注意が必要です。

 

●配偶者控除を満額受けられる所得額は?

副業をしている場合でも、給与所得とその他の所得の合計が85万円以下なら配偶者控除を満額受けられます。85万円というのは、年間所得のことで、年収の上限の150万円から65万円の給与所得控除を引いた金額です。

ただし、世帯主の年収が1,120万円以下(所得1,000万円)であることが条件です。また、85万円超~123万円以下でも控除を受けられますが、「配偶者特別控除」になるので、段階的に減っていきます。
 

もう一つの壁「130万円の壁」に気をつけて!

改訂によって、38万円の配偶者控除を満額受けられる、配偶者の年収の上限が、150万円(もしくは年間所得85万円)になって、所得調整を以前より気にしなくてすむようになりましたが、気をつけなければならないこともあります。それは、「130万円の壁」です。

●130万円の壁って何?

130万円とは、国民健康保険料や国民年金、社会保険料が自己負担になる基準額のことです。配偶者の年収が130万円(年間所得65万円)を超えると、世帯主の扶養から外れて、国民健康保険料や国民年金、社会保険料を自分で負担しなければならなくなります。国民健康保険か社会保険に加入しなければならず、国民年金も自分で払うことになります。
その結果、世帯主の所得税額は変わらなくても、配偶者の手取り額が減ることになり、世帯全体での手取り額が下がる可能性もあります。

●社会保険の加入条件とは?

勤務日数や勤務時間などが以下のような加入条件に当てはまる場合、勤務先の社会保険に加入することになります。106万円の壁と呼ばれることもあります。ただし、社会保険の保険料は勤務先が半額負担してくれます。

・週に20時間以上の勤務がある
・月額8万8千円以上の収入がある(年収106万円以上)
・勤務期間が1年以上見込み
・学生ではない
・従業員数501人以上
・労使で合意があれば500人以下でも加入できる

●所得税の103万円の壁は健在

さらに、配偶者特別控除の150万円の壁の前に、改正前までと同様に所得税の103万円の壁があります。これは、上述したように配偶者の年収が103万円を超えたら、世帯主の扶養から外れて、配偶者自身に所得税がかかるというものです。年収103万円の給与所得者の場合、給与所得控除額の65万円と基礎控除額の38万円を差し引くと、課税される所得金額は0円となり、それを超えると課税されるようになります。

改正前は、配偶者に所得税がかかると同時に、世帯主の配偶者控除もなくなりましたが、改正後は、配偶者の年収150万円未満なら世帯主の配偶者控除はなくなりません。

増税になるか減税になるかは、世帯主や配偶者の年収によって変動がある

配偶者控除の改定で、年収1,120万円を超える世帯主のいる世帯は、配偶者控除を受けられなくなるので、増税になるということになります。ただ、国税庁の調査によると、年収が1,000万円以上の人は、給与所得者の4.7%となっています。配偶者の年収が201万円以内だと、多くの家庭では減税ということになるようです。

配偶者控除の限度額だけでなく、社会保険加入の条件や所得税のかかる上限などについても考慮して、アルバイトやパートによる収入を調整していきましょう。

カテゴリー: 働き たい 時 だけ 働く バイト | タグ: | コメントする